So-net無料ブログ作成
前の14件 | -

朝顔につるべ取られてもらい水。 [つぶやき]

朝顔につるべとられて……の現代版。ある会社の駐車場においてあった連絡用と思われる自転車を絡め取った朝顔。
IMG_2237.jpg

会社の人達に、自然を愛でる風情があるのかどうかは分からないが、ちょっとおもしろかったので撮ってみた。自転車のサビ具合とタイヤの空気の抜け具合から見ると、社員の人は関心が無いだけかもしれないね。後付で、人間が事象に意味をあたえるだけかもしれないね、今回の僕みたいに。
IMG_2238.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

映画“エイリアン・コヴェナント”を見る。 [映画]

MOVIX亀有でヒラ君と観た。スクリーン5 定員170人のところに観客12人とゆう、僕にとっては理想的な空き具合(笑)。ひょっとしたら、昨年11月の“ジャック・リーチャー”以来のMOVIX亀有である。ヒラ君と見るSF系の映画はダメダメが多い。そのジンクスに従って今回もダメダメなのであった……が……。画像は映画.comより転載しました。エイリアン“コベナント” 公式サイトは→ここです。 
2f86693dd13db465.jpg

まずは、けなしてみる。これが本当にエイリアンシリーズだとしたらシリーズで最悪の出来だと思う。映像や作り方はいいんだけどね~。お話の作り方とういうか細部がね~ぇ。だって、乗組員が全員ダメダメ人間なんだもの。こんな感情的な、判断力の乏しい人達にこんな大事な使命の宇宙船を預けませんよ。ヒロインにあまり惹かれないのも、プロメテウス以来の新しい伝統か? 新しい伝統? 言葉が矛盾してるなぁ(笑)。伝統になりつつあるってところだね。
640-1.jpg

各所に今までのエイリアン・シリーズやブレード・ランナーの影が見える。リドリー・スコットこれはギャグでやっているのかい?宇宙葬のシーンや、エイリアンとの戦いのシーンは全くの第一作のオマージュでしょ。これでもかとオマージュ満載です。それにこの時代にジョン・デンバーの歌なんて残っていませんよ。
640-3.jpg

薄くなったギーガー感!!! これはエイリアンの宇宙船の内部。ギーガー感が足りないぞ(笑)。
640-2.jpg

やや、色香の落ちたファスペンダー。男も女も、若いってことはそれだけで魅力的なんだねえ~。
640.jpg

上の画像と比べると、華やかさに差が出ている“プロメテウス”時のファスペンダー。
prom-008_large.jpg

ほーそうすると、あのエイリアンはアンドロイド・デビッドがつくったんですね。……そーですか。と白けてしまった。アンドロイドがなんのために作ったんですか? 創造ができることを証明したくてですか? 自分が神になり変わるんですか? 1~4までのエイリアン・シリーズはそんな七面倒臭いのって無かったでしょ。

ひょっとしたら……これはエイリアンのシリーズでは無いのではないか?という考えが頭をもたげる。

プロメテウスから始まる傍流のエイリアンシリーズはマイケル・ファスペンダーのアンドロイドのデビッドの映画になっていたのであった。つまり、リドリー・スコットの考える“人間はどこから来たのか?どこに行くのか”“生命の意味は?”派VSそんな意味なんかないんだよーシステムとして命なんだよ派の対立や葛藤を描きたかったんだと思うんですよ。

それを表現するためにエイリアンを借りてきたけどプロメテウスではあまりエイリアンが出てこないから評価下がったんで今回はエイリアンをいっぱい出した……みたいな映画でした。

こう考えると、これはエイリアンの映画では無いとおもいます、もう別物。“ブレード・ランナー”でも繰り返されていた生命を与えし者VS作られた者の対立のテーマです。そして細かく見ると時制が合わないなぁって矛盾を合わせる作業は次作(もう一作あるそうですから)に期待します。分からせてくださいよ~、スコットさん(笑)。でもなぁ~、エイリアンの神秘性が監督自らぶちこわすんだもんなぁ~。トレーラーを貼っておきます。


nice!(0)  コメント(1) 

いまさらの ローグ・ワン [映画]

1月に見たのですが、つい書くのを忘れていましたので、今になってアップします。考えてみればこれが今年の観劇一作目だった。

僕はスター・ウォーズのファンではないのでそれほど気乗りはしなかったけど、まあ映画好きの嗜みとして(笑)観ました。なんと4DX3Dで。この組合せだと僕はシニア料金なんだけど、それでも2400円する。ココにIMAXでも加わると映画を見る体験としてはとんでもない値段になるね。あんまり高くすると、ネットの見放題に客を取られはしないかと心配になる、僕は映画館で見るのが好きだから。画像は映画.comから転載しました。
1-pos.jpg

第一作目のエピソード4の10分前の物語ですね、映像を含めて出来がいいな~ぁと思います。個人的には歴代スターウォーズの中で一番かも知れない。ファンではない僕はそれほど感動はしないけど。皆死んじゃうというお話の展開も、良いんじゃないかな。王や女王や国などの存続は多くの下世話な者の犠牲によって成り立っているとゆう観点で。
2.torupa.jpg

なんか観たような兵器達。観たようなデザインのロボット。
3.robo.jpg

こんなserviceも。
3.5 service.jpg

座頭市を思わせる人、ドニー・イェン出ていましたよね。存在感ありますね、かっこいいですね、面白いし。でも、僕は、やっぱりこの人(ダースベーダー)が一番かっこいいですね。このキャラは大好きです。この映画の中ではフォース・ライトセーバーを使える人はダーズベーダだけですしね。最後の方での立ち回りは爽快感が有りました。
4.db.jpg

STAR WARSが始まった最初のお話では“フォース”は鍛錬・練習によってのみ獲得できるみたいに描かれていましたが、途中でそれは遺伝の力であるって風になった時点で僕はこの映画に感情移入できなくなったんですよ。たぶん、どこの馬の骨かも分からない親の子供である僕の僻みのせいだと思います。ですので、僕はこの映画(ローグ・ワン)は今まで見たスターウォーズの中で一番感情移入できる映画になりました。

ジョージ・ルーカスさんはこのお話しか作りませんが(実際に作っているのは他の監督ですが) アメリカの小説家J・D・サリンジャーが作家生活の後半はグラス家のお話しか書かなくなったように(サリンジャー死んじゃいましたが)この物語だけ続けるっていうやり方、そうゆう生き方もいいんじゃないかなぁ~と思うこの頃。トレーラーを貼っておきます。




nice!(0)  コメント(0) 

あさがお。 [つぶやき]

タネを撒いただけでなにもしないのだが,今年の天候不順にめげずに咲いた朝顔。坪庭の東西南北に平均して100粒のタネを撒いた。発芽率50%位。地面の場所によっては発芽せず。日当たり最悪の僕の庭ではあるが、来年は苗床で発芽させてから、地面に移植しよう。←当たり前ですね。でも種を蒔きっぱなしでも咲くのですから自然のチカラってすごいね。きれいな(紫っぽい)青が気に入っている。種類は忘れた。タキイとかAmazonで購入した。11月まで咲くので朝顔は好きである。
IMG_2219.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

都会でうごめくブラキオザウルス(国立競技場その21)。 [建物]

外苑前のスタジアム通りから見た国立競技場。このアングルを見るといつも映画“ジュラシック・パーク”でサム・ニールが最初にブラキオザウルスに出会うシーンを思い出す。
IMG_2214.jpg

拡大すると動きまわる姿は鉄でできたブラキオザウルスに見える。そういえば子供の頃は首長の恐竜をプロントザウルスって言っていたけど同じ種類か?
IMG_2216.jpg

以前は今は移動した日本青年館が邪魔をして見ることはできなかったが、完成するとスタジアム通りの正面に国立競技場の姿が見えるわけだ。
nice!(0)  コメント(0) 

今日の国立競技場(その20) [建物]

8月中にピッチを上げて(報道によると過密スケジュールで自殺者が出るほどだったという)工事したせいか、夏の間にスタンドの第1層まで立ち上がった国立競技場。(写真はクリックすると大きくなります)。
IMG_2197.jpg

この拡大写真ではわかりにくいが、工事車両の出入り口などから見ると、だいぶ出来上がった。もうすぐ向こう側のスタンドもこちら側の構造物で見えなくなる。
IMG_2199.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

映画“キングコング “髑髏島の巨神”も見ていた。 [映画]

4月30日にいつもの3人組でユナイテッド・CINEMA豊洲で見ていた。今年は見た映画が少なくこの作品が今年の2本めだった。遅ればせながらアップする、なんせ備忘録代わりの僕のブログですので。老化防止のキーボードのTrainingですからね。キングコングの映画を映画館で見るのは実は初めてでした。地上波やDVDでは何度も見たのですけどね。ポスターからして荒唐無稽感満載です(笑)。画像は映画.comから転載しました。
e2edfa882f1c4de5.jpg

時代設定がベトナム戦争が終了する(アメリカがベトナムから撤退する)時期設定とあって、音楽もCCRとか、当時の音楽で懐かしかった。ヘリコプターが出てくるのも当時を連想させる。
640-2.jpg

世界で一番“マザー・フ◯◯カー”の発音が上手い人(笑)のサミュエル・ジャクソンも出てますし、ジョン・グッドマン(僕、この人好きです)も出ますしね。この二人が画面に出ると下手な映画も閉まるという効果があると僕は勝手に思っている。
640-1.jpg

コングと対峙するサミュエル・ジャクソン。コングの巨大感がよく表されて良いですね。やっぱりこんな映画のコングやその他の生物は巨大じゃなくちゃね。
640-3.jpg

この監督は、日本オタクと見た! なんとなくジブリに出て来る妖怪とかを連想させるこいつ。カオナシに雰囲気が似ている。
640.jpg

4DX3Dであったが酔もせず、楽しめました。一種のジェットコースタームービーなんですから、画面の中で単純に愉しめば良いんですよ。僕は人間が無慈悲に簡単に巨獣にとってはなんのためらいもなく食われるのが一種の快感だった(悪い子ですね)。キングコングの第1作め(1933年制作)の次によく出来ているなぁと思えた。下にトレーラーを貼っておきます。


nice!(0)  コメント(0) 

映画“スプリット”を見たのだった……。 [映画]

スプリットを5月29日に見ていたのだった。シャマラン監督ですね。下はポスター。画像は映画.comから転載しました。
12791eb6c31d20f7.jpg

シャマラン監督の作品は、シックス・センスが一番有名だと思いますが、僕はそれより、その後の“アンブレイカブル”の方が好きだな。“スプリット”は“アンブレイカブル”のもう片方とも続編とも言える作品だった。ポスターのデザインにも類似性は表れていると思う。ガラスが割れている表現がモチーフになっている。分断された、あるいは分裂している事を表しているのだと思います。
A5A2A5F3A5D6A5ECA5A4A5ABA5D6A5EB2CThe20Kobal20Collection.jpg

“24人のビリー・ミリガン”という本が昔あった。多重人格のお話だった。それを下敷きにしている。多重人格者を演じるのであるから役者の力量も問われるとは思うが、それよりも演じている主人公のジェームス・マカボイが気持ちよさそうだったし、自慢そうだったのが可愛い(笑)。
640-1.jpg

640.jpg

640-3.jpg

ヒロインのアニヤ・テイラー=ジョイの目の離れ具合が印象的ですね(笑)。
640-2.jpg

女子高生3人が誘拐される、その犯人は…………。でホラー・ミステリーなのかと思いましたら、後でわかりますけどこれはヒーロー物なんですね。こちらは悪の誕生物語で“アンブレイカブル”は善のヒーローの誕生物語。シャマラン監督のファンなら何も情報を入れないで見たほうが楽しめると思うな。僕は面白かったです。24人の性格を表現しきれているかと問われれば、4~5人位じゃない?と思いますし。ヒッチコックじゃないんだから、画面に顔をだすのはやめろシャマラン。と言いたくなる気分は有りますが。ラストでアンブレイカブルとの関連はブルース・ウィリスが出てくるので繋がります。あっネタバレしちゃった(笑)。下にトレーラーを貼っておきます。


nice!(0)  コメント(2) 

OnitsukaTiger MexicoMidRunnerにベンチレーションを! [つぶやき]

OnitsukaTiger Mexico Mid Runnerを愛用している。しかし、僕は典型的な日本人の足なのでガニ股傾向があり靴底が外側部分が内側よりも消耗するのが早い。かかと部分がすり減って、かかとのカップの皮革部分に達する前に、思い立ちMr・minitで下の写真のように少し補修した。2800円位だった。
IMG_01.jpg

裏から見るとこんな風に……
IMG_02.jpg

しかし足の裏の膨らんでいる部分←何て言うんですかね?……のすり減った薄さはどうしようもなく、やや着地時の衝撃が大きくなって来たので、ジムのマシンTraining時に履くことにした。内履きにしたのですね。 履いているうちに、足が熱を持つので不快に感じ、それをなんとかしようと、要所・要所に熱抜きベンチレーション用の穴を開けようと思い立った。アディダスのスタンスミスも僕は同時に使用しているがそれには通気用の穴がデザインされて開けてある。
ad-01.jpg

上部の穴あけ位置
IMG_03.jpg

右側面
IMG_04.jpg

左側面
IMG_05.jpg

出来上がり……。今のところ至極快適で不満はなくなった。革のスニーカーは使い込んでくるにつれ、シワとか、テカリとかが出て使用する本人の表情が出てくるところが気に入っている。穴あきのバージョンを出してくれないかしら? Onitsukaさ~ん(笑)。
IMG_06.jpg

MID・RunnerはOnitsukaの中でも好きなので僕は色違いで3足持っていて順繰りに履いている、靴底が平均に減るようにするために。彼らを靴箱に揃えたところを1カット。あと青地に黄色のストライプの組み合わせがあれば僕は買います(笑)。
IMG_07.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

立川シネマシティ・CINEMA2の感想。 [つぶやき]

ターミネーター2・3Dは立川シネマシティのシネマ2で見ました。300人くらいのスペースに20人くらいじゃない?僕にとっては理想的な入り具合(笑)。CINEMA-1はどうか分かりませんが動線がなかなか良くて、カフェも併設してるし、こじんまりとした、良い映画館あるいは劇場ですね。わりかし気に入りました。サウンドは彼らが主張するほどじゃないと思うな。シートに設置されたライトが素敵です、全体として雰囲気がありますね。画面の右にO林君が写り込んでいる、背後霊のように(笑)。
sinema-1.jpg

見に行った、映画が好きなのか、その後の会食やおしゃべりが好きなのかわからないトリオ。同じフィットネス・クラブの人が見れば誰が誰だか解るでしょうが、お見せするような存在でもないので目隠しをしてみました。
3bk.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

今日の一台 (Tyrrell P34) [車]

7月の末に池袋の東武デパートに行ったら、展示してあったTyrrell P34←(実車です)。
なんでもタミヤでTyrrell P34をプラモ化して40年だそうで、そのアニバーサリーを兼ねたプラモデルの展示会場に、展示してあった。“おじさん達の巣”状態でした(笑)。見事に女性がいない(笑)。こいつの実車をこの距離で見るのは初めてです。
IMG_2142.jpg

空気抵抗の軽減を狙って、前輪タイヤの設置面積減少を小径化して前4輪にするというアイディアで切り抜けたのだろうね。実際には大きな後輪があるので前面投影面積は変わらないので抵抗の軽減には繋がらなかったが、前ブレーキが4個もあるので他社よりもブレーキングポイントを深くとることができ、コーナーの多いサーキットではメリットになり、好成績に繋がったという評価だろう。ただし、小径タイヤを使うのはティレルだけなのでタイヤ会社が小径タイヤの開発が後回しになり、その結果、競争力が落ちて、2シーズンで撤退したような顛末だったとうろ覚えな記憶がある。
でも僕この車好きです。ユニークだし、なかなか、かっこいいと思いません?
IMG_2147.jpg

前が抵抗が低くとも、後ろにあんなでかいタイヤが待っているようでは 抵抗は変わらないんじゃないんでしょうか?って疑問は湧く。でも潜水艦の司令塔みたいなキャビン(と言って良いんでしょうか)ドライバー周りはかっこいいんじゃない?
IMG_2145.jpg


エンジンは、フォード・コスワース・DFV 3リッターだね。この時代殆どのコンストラクターはこれだった。ステッカーにKONIの名前が見える。今のビルシュタインの位置を占めていたのがKONIだったなぁ(遠い目)。
nice!(0)  コメント(0) 

国立競技場(その19) [建物]

UPついでに8月1日の国立競技場。
photo-20170801.jpg

墓石のような基礎は地面いっぱいに敷き詰められて、この平面に新国立競技場は建つのであろう。前の競技場にはスタンドの下にプールがあったのだけれど、見たところその配慮は新競技場には無い。下は拡大写真(写真はクリックすると大きくなります)。
P-123.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

映画“ターミネーター2 3D”を見る。 [映画]

8月の21日に立川まで映画を見に出かけた。ターミネーター2 3D版である。
27330a79afd1924d.jpg

感想を箇条書きにする。
●シュワちゃんが若くて、内側から爆発するのを表面の皮膚が抑えている感じの筋肉のプリプリ感がたまらなかったですね。(1の方がもっとプリプリですが……)。
●リンダ・ハミルトンが1作目(ターミネーター1)のちょっと何も考えてない弱々しい女の子からマッチョな感じになっているのが驚き---もう知っているけど(笑)。
●エパサ・マーカソン(ダイソンさんの奥さん)ですけど、この人この後アメリカの人気番組 Low&Orderのヴァン・ビューレン警視役を20年近くやったんですよ。最終回なんか、おもに体積がこの映画の時の2倍位になってましたけど。
●ロバート・パトリック(T-1000)この後、どうしたのかなと思ってたんですけどアメリカのテレビ番組“スコーピオン”で去年から再会しました。渋いおじさんになっていてかっこよかったですよ。あっ、この人も体積が2倍位になってました。
●ジャネット・ゴールドスタイン(ジョンの養母)---3年後に公開されたエイリアン2のバスケスと同一人物だとは当時にヒラ君に言われるまで気がつきませんでした。
mmr_11.jpg
    これが……。
ans-224317394.jpg
   こうですもんね。
アメリカの俳優ってココまで体から役作りをしてくる、あるいは要求されるんですね。そこがすごいところですけど、体の変化に対する影響もすごいんだろうな。よく激太りしたり、役から抜けれなかったりって聞きますもんね。
●爆音上映!!って書いてあったので期待して出かけたら……ショボっ……若い時に行ったロックのコンサート会場にあったPAをイメージしていたので裏切られました。ちっとも爆音じゃない。いい音ではあったけど。アリオ亀有の方が爆音だな、腹に響くもの、体が共鳴するもの。
●2Dで取ったフィルムをどのようにしているかは知らないが確かに3Dにはなっていた。今撮った映画みたいに飛び出ては来ないけど奥行きが3Dだった。でもお陰で(風邪を引いて直りきらなかったこともあって)  僕、酔いました(恥)。
nice!(1)  コメント(0) 

国立競技場(その18) [建物]

その17に続いて(その18)7月1日頃の写真です。
photo-20170701.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の14件 | -