So-net無料ブログ作成
検索選択

映画“スティーブ・マックイーン その男とル・マン”を見る。 [映画]

5月21日のフィットネスクラブの水泳練習会の後で新宿シネマカリテまで行き20:50分の回で見た。スクリーン2 MAX78席のうちの9割方が埋まっていたのに驚き、女性もある程度いたのにも驚いた、スティーブ・マックイーンのファンだったのだろうか? 1971年に公開された“栄光のルマン”の制作ドキュメンタリーということで2015年に発表されたこの映画、マックイーンのファン、もっと詳しく言えば、彼の出演した映画の中で “華麗なる賭け” “ブリット” “栄光のルマン”の3本のファンである僕は当然、見ますよ。DVDも持っているし。

45年前の“栄光のルマン”は、現在でも最高のレース映画であると(個人的に)思っている。でも映画としてはどうかな?物語性が無く、流れに起伏もない。最初に45年前に映画館で見た時はなんだかフランス映画を見ている感じがした。だからだろうか、ヨーロッパと日本ではヒットしたが、アメリカではコケたらしい。実際のレースカーにカメラを積んで撮影しながら、ル・マンのレースに実際に出場し9位くらいに入っている(規定周回数不足で順位は無いらしいが)。ですから、追い抜かれる時の感覚や、フロントグラス当たる小石の感覚がリアルなんですよ。映画としてみれば同時期に封切りされた“グランプリ”←(こちらはフォーミュラ・1のお話であるが)の方が物語性はある、その代わりに陳腐だけれど、世界の三船も出ているし(笑)。そのようなヒットする条件だの、制作費が高すぎるだの、物語性などの条件を捨てたところ、芸術性を獲得してしまったのがこの作品なんですよ。その制作ドキュメンタリーということで、興味深く見た。

公式サイトは→ココです。画像は映画.comより転載しました。
poster2.jpg

これは、物語ではマックイーンの乗るPORSCHE917。実際に彼の乗った車とは違いますよ、出典はWikipediaです。排気量の制限は5リッターだったと思う。ポルシェは“栄光のルマン”の撮影には協力的だったそうだ。そりゃぁそうでしょうね。映画の中ではポルシェは勝つんですもの。しかし映画だけでなく実レースでもこの時代はポルシェ(下の画像のガルフ・Colorのポルシェの)常勝だった。1.2.3位独占なんてシーンも多かった。
Porsche_917K_(Gulf)_front-right_Porsche_Museum.jpg

対抗馬フェラーリ512S。僕が見た(この当時はビデオとか映像の配信が無かったので正確に言えば、読んだ)レースでは勝ったのは1回だけだったような気がするが……。それもあってか エンツオ・フェラーリ御大は“栄光のルマン”の撮影には非協力的で撮影は個人所有のファラーリで行われたらしい。車の造形としてはどちらも素敵で魅力的です。同じレギュレーションなのにセンスと感覚が違うとこれくらいには違うんですね。
Ferrari_512_S_-_Nick_Masson.JPG

これも当時をしのばせるカットです。ジェット型のヘルメット。顔を覆う耐火マスク。後年、マックイーンは肺がんで50歳の時に死ぬのだけれど、このドキュメンタリーの中のインタビューで、声だけですが原因は高いストレスとアスベストと答えている。この時期の耐火スーツやマスクにはアスベストが使用されていたんですね。フルフェースのヘルメットが一般化するのはこの後ですね。高校生の時にベルから最初のフルフェース型が発表された時はなんだか虚無僧を連想してしまいましたが(笑)。
le-mans_sub3_large.jpg

撮影スタッフと。
le-mans_sub5_large.jpg

家族と。この後、彼はこの映画製作時期の彼の行動のせいで右の最初の夫人とは離婚することになる。
le-mans_sub4_large.jpg

この映画には“栄光のルマン”に未使用のシーンも数多くあるし、いろんな事実が語られる。特にレーシング・ドライバーであり、“栄光のルマン”にはスタント・ドライバーとして撮影に参加していて事故で片足を切断することになるデヴィッド・パイパーのくだりはすごくいい。その事故のあと、マックイーンが死ぬまでパイパーは彼と言葉をかわすことが無かったと言っている。不仲ではなく単に合う機会が無かったんだと。このドキュメンタリーの制作スタッフが探し出してきたマックイーンの手紙を初めて見るパイパー。マックイーンはその手紙の中で、パイパーに映画の売上の中から版権料の形で支払うことは出来ないかと映画会社に請願しているんですよ。その手紙は複数あり、マックイーンが何回もその請願を出していた事を今回はじめてパイパーは知って、やっぱり彼は僕のことを気にかけてくれていたんだと、少し涙ぐむんですね。そのシーンを最後の方に持ってくるところにこのドキュメンタリーの意味はあると思います。

下にトレーラーを貼っておきます。



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ヒラ

meiquiinさんへ。おお!ル・マン見たんですか?あれはTVで見たけど分からなかったです(笑)。出来れば「砲艦サン・パプロ」の方がスキですね!ステーブ・マックイーン死んでしまうけれど!
by ヒラ (2016-05-23 01:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0