So-net無料ブログ作成

映画“エイリアン・コヴェナント”を見る。 [映画]

MOVIX亀有でヒラ君と観た。スクリーン5 定員170人のところに観客12人とゆう、僕にとっては理想的な空き具合(笑)。ひょっとしたら、昨年11月の“ジャック・リーチャー”以来のMOVIX亀有である。ヒラ君と見るSF系の映画はダメダメが多い。そのジンクスに従って今回もダメダメなのであった……が……。画像は映画.comより転載しました。エイリアン“コベナント” 公式サイトは→ここです。 
2f86693dd13db465.jpg

まずは、けなしてみる。これが本当にエイリアンシリーズだとしたらシリーズで最悪の出来だと思う。映像や作り方はいいんだけどね~。お話の作り方とういうか細部がね~ぇ。だって、乗組員が全員ダメダメ人間なんだもの。こんな感情的な、判断力の乏しい人達にこんな大事な使命の宇宙船を預けませんよ。ヒロインにあまり惹かれないのも、プロメテウス以来の新しい伝統か? 新しい伝統? 言葉が矛盾してるなぁ(笑)。伝統になりつつあるってところだね。
640-1.jpg

各所に今までのエイリアン・シリーズやブレード・ランナーの影が見える。リドリー・スコットこれはギャグでやっているのかい?宇宙葬のシーンや、エイリアンとの戦いのシーンは全くの第一作のオマージュでしょ。これでもかとオマージュ満載です。それにこの時代にジョン・デンバーの歌なんて残っていませんよ。
640-3.jpg

薄くなったギーガー感!!! これはエイリアンの宇宙船の内部。ギーガー感が足りないぞ(笑)。
640-2.jpg

やや、色香の落ちたファスペンダー。男も女も、若いってことはそれだけで魅力的なんだねえ~。
640.jpg

上の画像と比べると、華やかさに差が出ている“プロメテウス”時のファスペンダー。
prom-008_large.jpg

ほーそうすると、あのエイリアンはアンドロイド・デビッドがつくったんですね。……そーですか。と白けてしまった。アンドロイドがなんのために作ったんですか? 創造ができることを証明したくてですか? 自分が神になり変わるんですか? 1~4までのエイリアン・シリーズはそんな七面倒臭いのって無かったでしょ。

ひょっとしたら……これはエイリアンのシリーズでは無いのではないか?という考えが頭をもたげる。

プロメテウスから始まる傍流のエイリアンシリーズはマイケル・ファスペンダーのアンドロイドのデビッドの映画になっていたのであった。つまり、リドリー・スコットの考える“人間はどこから来たのか?どこに行くのか”“生命の意味は?”派VSそんな意味なんかないんだよーシステムとして命なんだよ派の対立や葛藤を描きたかったんだと思うんですよ。

それを表現するためにエイリアンを借りてきたけどプロメテウスではあまりエイリアンが出てこないから評価下がったんで今回はエイリアンをいっぱい出した……みたいな映画でした。

こう考えると、これはエイリアンの映画では無いとおもいます、もう別物。“ブレード・ランナー”でも繰り返されていた生命を与えし者VS作られた者の対立のテーマです。そして細かく見ると時制が合わないなぁって矛盾を合わせる作業は次作(もう一作あるそうですから)に期待します。分からせてくださいよ~、スコットさん(笑)。でもなぁ~、エイリアンの神秘性が監督自らぶちこわすんだもんなぁ~。トレーラーを貼っておきます。


nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

ヒラ

僕の携帯電話が、やっと直りました!うれし〜〜!!!え?映画は伝わって来ない?だって、ダメダメですもん(笑)。それにしても、あとの3作目め、作るんじゃ無いんですか?ラスト、エイリアンを持って行くもん………
by ヒラ (2017-10-05 04:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。