So-net無料ブログ作成
検索選択

ギタリストってかっこいい [つぶやき]

5月31日晴れ  

ギズモードジャパンで見た。DuftPunkのDerezzedを演奏している。

転記元は http://www.youtube.com/watch?v=PfceGkSZFP8

かっこいい……たるんだ下着姿なのもまた(笑)かっこいい。

梅雨の天気 [建物]

5月30日 朝のうち雨 お昼は快晴 夕方は曇り

東京体育館にトレーニングに出かけた午後1時半の空
110530m.jpg
その2時間半後の帰りには……こんな空になっていた。
110530e.jpg
梅雨なので仕方がないが、傘は必須のこの頃の天気。晴れているトラックの写真を撮っている時にギズモードジャパンの記事を思い出した。
20110224unhappy.jpg
元記事は http://www.gizmodo.jp/2011/02/post_8585.html スペインにあるこの競技場、トラックに坂を取り入れたデザイン。ただ坂道の練習ができるだけでなく、この立体トラックによって、観客席も増え更衣室を下部分に配置できたという利点もあるらしい。

冷たいのがお好き。 [Mechanism]

5月26日晴れ後曇り 秋葉原でPartsやさんを友人と巡る。

コンピュータに限らず電気製品は熱くなりすぎると故障するものだと思っている。特にappleはその傾向が強い。ジョブズはよくあのような熱の出る製品を作るものだといつも思っている。あの熱が出る機械をアメリカでは、日本と違って問題なく動くのだろうか?とにかくCubeでは熱のせいで止まる事が数多く、その経験から、とにかく “コンピュータは冷やす” 事にしている。その時に、必要になるヒートシンクヒートパイプを見て歩いた。Macでは自分で手を入れる事が出来なくなりつつあるので、その類の製品は皆無に近くなっているが、Windows勢は、この分野ではまだまだ元気で、絶え間なく進歩している、うらやましい。ヒートパイプで熱を導くのが流行らしい。
IMG_0807.jpg
横から見るとかっこいい。いかにもメカ・メカしている。
IMG_0808.jpg
ファンの位置もおのおのの会社で主張は違うらしく、とにかく面積を稼ぐ派はファンを真ん中にヒートシンクをダブルにしている。IMG_0809.jpg
この会社はヒートシンクをダブルにするだけにとどめてファンがない。 スーパーメガ、なんだか名前だけで効きそうな気がする。
IMG_0810.jpg
どのような主張か?この会社はヒートシンクを円形にしている。ザルマンは韓国の会社でヒートパイプを使った製品はもう10何年前から作っている、僕は好きな会社です。
IMG_0811.jpg
シンクやヒートパイプよりも驚くのがファンの進化だ。もう、音がしない。流行か本当に効果があるのかBladeにディンプルが施してあった。
IMG_0813.jpg
これは風切り音の低下を狙ったものか?本当に効果があって静音化がなされているのかは、家に帰って静かな環境で試してみるまでは解らない。
IMG_0814.jpg
もうMacでは最新のiMacからhardDisk増設や交換さえ出来ないような構成になりつつあるので、この類の製品を使ってみる事は出来なくなっているので、残念だ。いっそ、そのためにだけWindowsあるいはアンドロイド、クロームOSに行こうかな? ブルブル、言ってみただけですよ(笑)。






ガンプラ焼き  秋葉原 [お店]

5月26日晴れ ガンダムカフェの隣にあったガンプラ焼き。


ガンダムカフェの隣にガンプラ焼きの小さなコーナーがあった。中は“サクッ”じゃなくて“ザグッ”だろうとの突っ込みは無しで……。
IMG_0818.jpg
カウンター周辺、もっと右に食券機がありそこで券を購入。ガンプラ焼き190円。
IMG_0819.jpg
販売していた女性。写真を頼んだら快諾してくれた。対応も笑顔も(僕の年では孫みたいに感じられて)かわいかったです。
IMG_0824.jpg
売り手の横のモデル。
IMG_0825.jpg
これがガンプラ焼き、たい焼きのガンダム版です。確かに中はもちもちとしているが、まずくはないが、普通のたい焼きに比べれば特別に旨くもない。特にこの間の“柳家”とか“わかば”とか“浪速屋”とかの御三家に比べれば、190円ですよ〜。ブランド料がいくら入っているんだろう?あっこれがガンプラ焼き(すみません、お腹減っているんで食べてから写真を撮らなきゃと気がつきました。)
IMG_0827.jpg

ガンダム・カフェ    秋葉原のガード下。 [お店]

5月26日晴れ 秋葉原へ行く。

秋葉原でPartsを購入。友人とエクセルシオールでコーヒーをする。近くに(本当に近くに)ガンダムcafeがあると友人のTwitterのタイムラインにあったのでエクセルシオールを出る。紫の袖が友人。
IMG_0815.jpg
見渡すと あった!
IMG_0816.jpg
これが、看板か?
IMG_0820.jpg
メニュー3種。シャァザク・ライス 
IMG_0821.jpg
ゲルググサラダ ズゴック・ドリア
IMG_0822.jpg
赤い彗星  シャアの再来 キャスバル
IMG_0823.jpg
僕はガンダムファンではないので入らなかったが、誰か入ってきて、食べ物とかの感想を教えて欲しいなぁ……。



映画“4つのいのち”ーーシアター・イメージフォーラム [映画]

5月212日晴れ シアター・イメージフォーラムで映画

写真はⓒVivo film,Essential Filmproduktion,Invisibile Film,ventura film.から転記しました。
sub1_large-1.jpg
以前にハーブ&ドロシーを見た時に予告をやっていた映画“4つのいのち”。渋谷のシアター・イメージフォーラムで朝の11:15分の回で見た。定員70名位の大きさで20人の観客だった。この種の映画ではこれ位だろう。観客の年齢構成が高い。映画が始まって30分もすると何人かが寝息を立てていた(笑)。
original.jpg
こんな(震災や原発の問題の事を指す)時期だから、見たくなった。この映画は(面白いと思う人もいるとは思うが)おもしろいわけではない。ただただ、すごく気になる。たぶん言葉にしても魅力は伝わらないし、僕には伝える能力が無い。第一にこの映画はセリフがないのだ。言葉は要らないといっているようなものだし、見れば解る。セリフが無くても映画として成立する驚き。どうやって撮ったのか、知りたくなる論外な長回し、定点観測に近いアングル。セリフはないが(環境音とでも言うか)自然の音は入っているので窓から村の景色を眺めている感じがする。音が主役の映画だと思う。

映画中でお薬を飲んでいるのだと思っていた老農夫が、実は埃を集めたものを飲んでいた事が分かった時は思わず信じるものは救われるという言葉が頭に浮かんだ。

実はこの映画に登場する風景は(家の形や人間には違いがあるが)40~50年前には日本中の何処にでもあった風景だ。映画の中の主要な場所となる三叉路の風景なんか、角にお地蔵さんが立っていても違和感はないだろう。かつて在った日本の村の風景なのだ。何も考えずにただ淡々と暮らしていても、自然の一環(循環と言う事か?)となって人生を終える事が出来た幸福な時代が、今もイタリアにはあると言う事なのだ。

今、僕らは(僕だけかもしれない)何の気なしに野菜を買う事が出来ない。程度の差こそあれ、産地を気にしてしまう。以前の何も考えずに野菜を買える時代が懐かしい。イタリアにはそんな暮らしが今もある事をうらやましくおもう。同じ地震の多発する国ながらイタリアは国民投票時に原発を選ばなかった。僕らは(反対派はいたとは言え阻止する事は出来ずに)今の状況に在る。その彼我の違いは何処にあったのだろう?

マスターズ短水路大会 [swim]

5月15日晴れ マスターズ短水路大会

マスターズ短水路大会に出場した。毎回、僕たちのクラブ員は全員が役員も兼ねて出場しているので忙しい。今回は役員の引き継ぎがなかなか来なかったので、危うく自分の出番に間に合わずにアップも無しにぶっつけ本番だった。僕は“枯れ木も山の賑わい”タイプなのでなんの成績も狙えないし、ああ今年も出場出来て良かったね、程度なので関係ないが……(続く)下は今年の短水路大会の参加バッジ。
DSC02681.jpg
……(続き)仲間のクラブ員が40〜45才区分のバック25mでワンツーフィニッシュを決めた、常日頃の練習のたまものである!その頃、僕は招集をやっていたので見る事が出来ずに残念だ。両人の承諾を得たので顔出しする(笑)。金メダルを貰うのは久しぶり(本人談)なので嬉しそうだ。
IMG_0796.jpg
金メダルのデザインは表はこんな感じ。
IMG_0799.jpg
その裏
IMG_0801.jpg
同じく銀メダル、デザインは同じか……。
IMG_0798.jpg
銀メダルの裏。
IMG_0800.jpg
今年も出場出来て本当に良かったと思う。年々、その思いは強まり、つくづくと80才や90才クラスの人達を尊敬するが、趣味が違う人達から見れば呆れている事だろう。来年も出場出来るかなぁ?



北谷稲荷神社 渋谷 [神社・仏閣・塚]

5月12日曇り時々雨  これは神社?

鳥居を見つけたが、他に何も無いので神社本体はどこかを探して、階段を上ってみる。ただの抜け道にも思えるし。IMG_0486.jpg
大きなビルが見える。もう少しだ……。
IMG_0490.jpg

少し広いところに出た。これはなんだろう。
IMG_0491.jpg
何のビルか分からない、人間がいないので。何かを閉じ込めてあるようだ。
IMG_0495.jpg
ガラスの扉の内側には神事に使うようなものが置いてあった。上を見上げると看板というか……これを見て初めて神社だと確信した。
IMG_0496.jpg
本殿の横に道があったので下ってみた。抜けて階段を下りると代々木の体育館、体育館側から振り返るとこれは神社には見えない。
IMG_0763.jpg

北谷稲荷神社(きたやいなりじんじゃ)はJR山手線渋谷駅の北約400m(NHK放送センター近く)に鎮座する神社である。やけにモダンなんだもん。神社だと確信するの少しの時間がかかった。あまりにモダンすぎるのも、なんだかなぁ。600年位経ったら、古色が出るのかもしれない。

住所:東京都渋谷区神南1丁目4-1
主祭神:宇迦之霊大神・大己貴大神・大宮比賣大神・神功皇后・大田大神
社格等:村社
例祭:9月23日
創建:1469年?創建年は不明。

万治年3年(1660年)大破の際、再建した棟札によると、文明年間(1469 - 87)以前と考えられる。「新編式蔵国風土記稿」によれば、文明年間(1469 - 87)田中賛岐守直高が駿河の屋敷を移した際、邸内の艮の方に勧請したと記されている。境内には明治末練兵場設置の際に農民がたてた碑と大正9年(1920年)の洪水後にたてられた治水記念碑がある。モダンなデザインは菊竹清訓建築設計事務所によるものとWikipediaにあった。

たいやきの“柳家”  人形町 [お店]

5月11日雨 時々激しく降る。

水泳指導の手伝いの帰りに人形町の(甘酒横町っていうんですかあの道)目に付いたお店“柳家”で鯛焼きを食べた。あまりにもおいしかったので家族にもお土産で家に持って帰り食べてみた。焼きたてのパリパリとした感じがかなり薄れてはいたが相変わらずにおいしかった。
taiyaki .jpg
食べログで検索してみたら、東京のたいやき御三家 の一つと書いてあった。後の二つは 麻布十番の浪速屋総本店と四谷のわかばとある。浪速屋は以前から知っていておいしいと思っていたが、ここもおいしいと思った。同時に食べ比べてみないと本当は分からないと思ったが、甘さの少ないからっとした味であんこの量も適当でそこも好感が持てる。近頃は“しっぽの先まであんこが入っている”というフレーズが市民権を得てから久しいので、やたらとあんこの量が多ければそれが良いという風潮があると思う。しかし適当という言葉もあるだろうがと言いたくなるようなバランスを壊すほどあんこを入れた鯛焼きもある。個人的にはここのが今までで一番だが、味の好みは個人的なものなので他の人の好みには反論できない。久しぶりに(鯛焼き部門で)旨かったので、それでは四谷のわかばも食べてみなくてはと決心した。←そこまで一生懸命になる事でもないが(笑)。

チョコ・ミント好きのための“ミント” ショコラティエ・エリカ [食べ物]

5月9日晴れ 夏を思い起こさせる空

知人から貰った白金にあるChocolatier Ericaのチョコミントパッケージからミントしている(笑)。
DSC02612.jpg
シールマークとリボンをはがして……
DSC02614.jpg
フタを開けるとチョコミントが出てくる。
DSC02616.jpg
小さな葉っぱみたいでなかなかかわいい(笑)。
DSC02618.jpg
マーク・シールはこんなデザインだ。
DSC02620.jpg
この製品とは違うが、以前はハーシーのチョコミントがスーパーでも手に入った。しかしずいぶん前から(6〜7年になるか?)販売中止になり安くチョコミントを手に入れたい向きには残念な状態だった。この品は安くはないが、記憶の中のハーシーの製品を彷彿とさせた。チョコミントはあまり値段の差が味に現れにくいのかもしれないなぁ。とりあえず、チョコミント好きの僕は1週間くらいはニコニコだ。


“ファントム・レイ”が空を飛ぶ。 [Aircraft]

5月7日晴れ  無人偵察機“ファントム・レイ”

CNNで無人偵察機“ファントム・レイ”の試験飛行に成功したとあった。転記元は http://www.cnn.co.jp/photo/3804-10000194.html
boeing01.jpg
このところ米国は無人飛行機や無線操縦のRobotなどを開発しているが、その一連の連なりにあるのだろう。今回のbin Ladenの事件時もホワイトハウスから逐次、成り行きを見守っていたと報道されているので、将来は紛争国にRobotや偵察機を送り込み、米国にいて無線操縦で事に当たろうとの戦略だろう。形はスティルス爆撃機“B-2”に酷使しているが、要求される条件を突き合わせたら同じような形になったのでは無いかと想像する。

熱探知を恐れてか、排気口は“B-2”と同じく上面にある。
boeing02.jpg  
上面から見ると、ほぼ完全な3角形だね。
boeing04.jpg
全長10.9m 翼長15.2mと B-2の 全長21.03m 翼長52.43mよりかなりな小型だ。用途が違うものね。当たり前か。予定の性能は巡航で988km/h、上昇限度40000フィート(12,192m)航続距離2,414kmだ。特に優れてはいないが偵察に特化してあるという事だと思う。何年後かにはこれが世界中の空を飛ぶのは確実だ。

フレッシュネスバーガーのバンカーズ・ライト [お店]

5月5日曇り フレッシュネスバーガーで昼食

渋谷のドンキーの横のフレッシュネスバーガーの店内で撮した写真。壁の画はノーマンロックウェル、壁面に使用されているライトは古いアメリカを思い起こさせるバンカーズ・ライトを横に取り付けた物だ。昼間時間に撮影したがiPhoneカメラなので露出のコントロールは出来ないのでライトの光に合わせるとどうしても、こんな夜みたいな写真になってしまう。F-Berger-1.jpg

このライトは僕の好きなタイプで、アメリカ映画では、そこここに出てくる。デビット・フィンチャーの“Seven”ではモーガン・フリーマン扮する引退前の刑事が調べ物をする時の図書館のライトがこれだった。映画のために色を合わせてあるのかと、その時は思ったが、そうではなくて普通に使用されている物だった。現在、日本で売られているタイプは、知っている限りではこれかな?
Banker's light.jpg
当時のデザインのレプリカだ。9800円くらい。usedだとデザインの趣があるが、さびなどの汚れ付きで3900円くらいからある。買ってみようかな?こちらはユーズド品。
Banker's light2.jpg

渋谷に、岡本太郎の“明日の神話”はよく似合う。 [街]

5月4日曇り 渋谷に出かける。

先日ブログにアップしたcubehardDiskをもう一個追加するためのビスやL字を買うために渋谷東急ハンズに出かけた。井の頭線への連絡通路から見たハチ公前交差点の雑踏。この写真で見る限り震災前の感じに戻っていると思う。駅前の複数の巨大な画面も復活したし、人間の数も元に戻ってきた。
IMG_0775.jpg

これは3月15日の同じ井の頭線の通路から撮った写真、人間の数が圧倒的にちがうし、スクリーンが稼働していない。
IMG_0674.jpg
写真を撮ったガラス面の反対側の通路の壁面には岡本太郎の壁画が飾ってあるが、最近その絵に追加された画がある(右の白い点線部分)とネットに載っていた。
IMG_0277.jpg
たぶん関係当局によって取り払われたのだろう、僕は実際に見る事が出来なかったが、ネットに載っていた。転記元はhttp://twitpic.com/4rhet5
288026681.jpg
パネルを置いたさっさと居なくなったんだろうなあ、画もうまいなぁ。 動画もあって http://www.youtube.com/watch?v=uY1W7S_Rhgo で見る事が出来る。
ネットでは、芸術を冒涜しているとの意見や、行為そのものを批判する意見もあったが、原画とマッチしている事を見ると、岡本太郎(または岡本敏子)が生きていたら、笑って、“おもしろいんじゃない、そのままにしておこうよ”って言った気がする。


ハイブリッドチューブアンプ22(EKF-01) [Audio]

5月1日晴れ後雨  美しい真空管アンプをネットで見つけた。


ギズモード・ジャパンで美しい真空管アンプを見つけた。元記事は
http://www.gizmodo.jp/2011/04/elekit_sore.html
正面はこんなミニマリズムそのものの形をしている。形はかなり気に入った。
sinku-kan-amp-1.jpg
上から見ると……
sinku-kan-amp-2.jpg
この二つしかないダイアルスイッチが良いね。
sinku-kan-amp-3.jpg
真空管アンプの証明。真空管が露出している。
sinku-kan-amp-5.jpg
最近ビックカメラの高級アンプ売り場で売っていた真空管アンプは、やけど対策で頑丈なガードが付いていた。昔は真空管に手を出す人々には真空管に触れるとやけどするという常識があったせいかガードなんぞは付いていなかったように覚えている。この製品はそこまで意地を張っているわけではなくて(真空管とデジタルアンプを融合させたハイブリットアンプで低発熱とある)見た目のシンプルさを追求したいのだろう、デザイナーは二俣公一さんという日本人の方だそうです。ブラックバージョンもあるらしい。
sinku-kan-amp-6.jpg
灯がともるとこんな雰囲気だ。
sinku-kan-amp-4.jpg
さすがに現在の設計で、携帯電話・iPodなどのヘッドフォン端子からの接続できるようになっているらしい。こんなアンプで聞いてみたい物だと思うが、これが似合う部屋ではないのと、真空管の音が柔らかいということ以上に細かな違いが解らないと言う理由でダメだろうと思う。つまり、馬の耳に念仏、猫に小判だということだ(笑)。