So-net無料ブログ作成
検索選択

映画“スイッチ”を見る。 [映画]

4月29日曇り 映画スイッチ”見る。

新橋文化劇場。 昭和の日の16:50の回で見た。休日のこの時刻だと言うのに81席中13人の入り、女性が4人。そのうちの若い女性1人は(新橋文化劇場は2本立てなので)映画が終わるごとに喫煙室に行ってタバコを吸っていた。この映画館は小さいがちゃんと別に喫煙室が設けてあるのが新橋の地域性を表していて面白い。俳優転向前はプロのサッカー選手(フランス代表・マンチェスター・U )だったエリック・カントナが刑事役で出ている。ヒロインはカリーヌ・ヴァッナス。フランス映画です。短期間の自宅交換サイトで’見つけた家に泊まった翌朝に刑事に踏み込まれ殺人犯として扱われるが、その無実を証明しようとするサスペンス。公式サイトは http://switch-movie.jp/ です。90分と少し短いので一気に見れます。下の写真は交換した部屋に泊まった翌朝、刑事に踏み込まれたところ。
341122view005.jpg

s-1.jpg


スキを見て自分の無実の証明をしようと、走って逃亡。それにつけても、フランス版“太陽にほえろ”かと思うほど、走るシーンが多い。またカトリーヌ・ヴァッナスの走り方も、怒っていると言うかなんだか好戦的な走り方で、繊細さの微塵もない走り方だ。逃げるシーンでは顔のすぐ前に移動カメラを固定して写しているので走っている姿は動かず周囲の風景が動くのがすごーく新鮮だった。説明が良く解らんと言う方は映画を見てください。見て損はない映画です。でも傑作とは言いがたいですが……。すごく良く出来たB級って所かな。僕はB級映画が子供の頃から大好きでB級だからダメとは思っていません。この映画もすごく突っ込みどころが満載でその部分だけ見るとダメなんですが、リズム感とか、カメラの新鮮なアングルとか、そのサスペンスの謎の組み方の旨さとか褒めるところ(気に入ったところ)も沢山あります。下の写真も走っているところです。お話の中では多分designerかIllustratorだと思いますが、こんな陸上選手並に足の速いIllustratorなんて僕は見た事がありません(笑)。
341122view002.jpg
stch-2.jpg
自宅の交換サイトは日本ではあるのだろうか?欧米ではあり得ると思う。ホンダがまだF1が1.5lだった時代のチームの転戦記を読んだ時に、宿舎は一般人の家をこのようなシステムで借りたと記述があったのを思い出す。最後に謎が明かされるが、その謎は現代的な理由によるものだった。またフランスの現在の親子の関係が少し、かいま見えて(この映画に出てくる関係者達だけの場合ですが)面白い。それにしてもこの頃のフランス映画って女優がすぐに裸になるんですか?下にトレーラーを上げておきます。

今日の路面。 [路フェチ]

歩いていて撮った。
IMG_4689.jpg

IMG_4691.jpg

今日の秋葉原。 [パノラマ写真]

4月29日晴

FireWire800→800の3mコードを買いに秋葉館に行く。以前の秋葉原無差別殺人事件の後遺症で減った人出も以前のように回復したが、一つ決定的に違っているものがあるとすればパフォーマーの姿がない。MACの使用者にとって色々な細かい補助製品を買う時に行く店は秋葉館しかない(他にもありますが面倒くさいので個人的に言い切ってしまう)。以前の中央通りに面したビルからすぐ近くの雑居ビルに移ってきたが、そういわれても仕方がない。そのビルには漫画喫茶、フィギュアの店とかアニメコミックのお店とかがその類いが文字通り雑居していて、一種のマニアックビルになっている。写真は今日の秋葉原をパノラマで撮った。
20120429akihabara.jpg

明治公園のメーデー参加者。 [つぶやき]

4月28日晴 

朝9:00 明治公園でメーデーのデモ隊と遭遇。昔は5月1日だった気がするが……。かなりの団体が出発し最後尾の方だったのであまり人がいない。いつからだっけ、分裂してメーデーを行なうようになったのは……。autostitchのパノラマ撮影したが集まっている人が常時移動しているのでぶれまくって出来上がった
IMG_4688.jpg

今日の自転車 [bike]

4月24日晴 暑い。

街を歩いていて見つけた金ピカの自転車。これが純金ならなあ(嘆)。ここにある訳が無いね(笑)。
IMG_4679.jpg

後部拡大。ダミーの排気管なんか付けちゃって。バイクになろうと背伸びしている風情。
IMG_4681.jpg

スペアタイアを積んでいるところが笑える。
IMG_4682.jpg

目がくらくらする。 [ニュース]

ギズモードジャパンで見つけたファイル、URLを忘れてしまいました(スミマセン)が、静止画像なのにウニウニ動いているみたいに見える。錯視の一種だがこのような錯視も使ってIllustやartの作品は出来ている。
120402opticalillusion.jpg

映画“フェイククライム”を見る。 [映画]

今年の26本目の映画。4月17日に新橋文化劇場で見た。いやぁ、これも残念な映画の一本です。下のポスターでキアヌ・リーブスとヴェラ・ファーミガの位置が違ってますよ~。一事が万事、これを見て気がつけば良かったんですけど……。途中まで見て、これはダメなんじゃないかと気がついたが、こうなりゃ最後まで見届けるぞと……見てしまいました。なんて上品な(最大級によく言ってます)犯罪映画でしょう。でもつまんない。
fake-crime.jpg

信じたらだまされるは、ポスターやトレーラーを見た人に言っているのだと思う。このトレーラーも含めてこの頃の映画のポスターは、本当に内容を見て書いているのかが信じられない。全く違うのだ。このトレーラーを見て信じたら、だまされるぞ(笑)!お話の題材としては、もっと良くなる可能性が多いにあったと思うが、料理人の腕が悪かったのだと思う。しかし、キアヌ・リーブスは節操なしに出演映画を選ぶなぁ〜。あきれる。もう少し、限定したらいいじゃないでしょか?

春だなあ。 [つぶやき]

この頃咲いている道ばたの花。

春ですね。色々な花が道ばたで咲いている。歩きの途中で見かけた花を撮った。
IMG_4667.jpg
IMG_4668.jpg
IMG_4671.jpg

映画“アクシデント”を見る。 [映画]

4月17日に映画アクシデント”を見る。

アクシデントの原題が“意外”だったのは意外だった(笑)。新橋文化劇場で今年の25本目の映画。製作がジョニー・トーだったので期待した。
accident.jpg

一言で言うと事故死、自然死と見せかけて殺人を行ないお金をもらう集団の話。お話自体は導入部から引き込まれる。事故死に見せかけるのに習熟した集団が、ある事故をきっかけに、自分達が襲われたと勘違いし(そりゃあそうだ、自分たちがいるんだから、他にもいると思っても無理はない)意外な方向に事態が展開する。しかしおもしろいけど、何か足りない感がある。前半部に比べ、後半部がちょっと練りが足りない気がする。結局勘違いだったとの結論はもう一ひねりほしいなあ。

映画“宇宙人ポール”を見る。 [映画]

4月14日雨、寒い。 映画“宇宙人ポール”を見る。

飯田橋ギンレイホールで見る。もう一本はメンinブラック-1だが何回もテレビケーブルで見ているので途中でうつらうつらしてしまった。またこの宇宙人ポールに比べるとやはり古くさい感じが否めない。相変わらずに観客の年齢層が高い。2本立てなので一本が終わり二本目との間の休憩時間には館内のあちこちで家から持ってきたとおぼしき昼食を皆さん食べている。映画が始まると食べる人はいなくなる。そこのところの感覚は高齢者が多いのできっちりしているんだと思う。

面白い!ただただ面白い。難しい事を考えなくて済む。映画館を出る時すっきりとした気分で出る事が出来る。SFのネタも多いしアメリカの事情を知らなくては笑えないギャグもあるが…知らなくても面白いと思う。ぜひ映画館で見る事をお勧めする。下はポスター。
paul poster.jpg

宇宙人ポール。
p-1.jpg

オタクの二人、二人の間やポールとのやりとりが笑える。
paul 3.jpg

円盤が迎えに来たところ。
paul-4.jpg


女優人生の大半を宇宙人と戦ってきた女、シガニー・ウィーバーもほんの数分間だけど出演している、出演時間にかかわらず重要な役だ。この人、大柄で、今回の配役にぴったりだ。本人もあるトーク番組で“ハイヒールを履くと身長2mを超える”と自慢そうに言っていた。まるで自由の女神像に見える。
paul-2.jpg

下にトレーラーを上げておきます。。

高級鯛焼きの“柳屋” [お店]

4月13日晴のち夕方から雨 

水泳指導の手伝いに行った浜町のプール前の桜。パノラマで撮ったのでぶれているがその方が桜の花の煙った感じが表現されていていいかな?
IMG_4650.jpg

帰りに“柳屋”の鯛焼きを買って帰るのが楽しみです。午後7:00付近、柳屋の前の道からパノラマで撮って見た。高級鯛焼きと書いてあるが1尾140円です。1人で一日中焼いている。店内には焼き上がりを待っている客が4人いた。この時間には、材料の残りが少ない。あって良かった。無い時もあるので。
IMG_4661.jpg

鯛焼きの全景、焦げがついているのが、僕の好みです。僕はここの鯛焼きは旨いと思う。
IMG_4662.jpg

映画“ハウスメイド”を見る。 [映画]

映画ハウスメイド”を見る。

NYコンフィデンシャルの後で続けて新橋文化劇場で見た。この映画も一つ前にブログに載せたNYコンフィデンシャルと同じくちょっと残念な感じを受ける映画でした。
housemaid-1.jpg

最初に頭に浮かんだ事は今どきの韓国女性にこんな(映画の中でも言われていますが)バカがつくほど人の良い女性はいないのではないかなぁ?あっ韓国女性が人が悪いと言っている訳ではないですよ(念のため)。(そのままではないだろうけど)60年の作品をそのままリメイクするのにお話的に無理があったのでは無いかなぁ。
housemaid-2.jpg

あの作り物臭い炎のラストは復讐になっているのか?最終シーンでの子供と母の目がいっている感じなのであのラストが影響してそのようになっているのであれば復讐なのかもしれませんが……。また、映画の初頭の自殺する女のシーンやウニの墓参りはこの本筋と何の関係があるのだろう。先輩メイド(ビョンシュク)役のユン・ヨジュンやメイド(ウニ)役のチョン・ドヨン等の俳優陣の演技やデティールがしっかりしているのにお話がねぇ……。ユン・ヨジュンさんがいいなぁ。ウーピーゴールドバーグを何だか連想する。

housemaid-3.jpg

僕には言葉でうまく表現出来ないが、この作品にも韓国映画の共通したテイストがある。でも韓国のお墓ってあのような一種の土まんじゅう様のものなのか?どこにでも勝手につくって良いものなのか?韓国の女性の友人達って同性愛でもないのに一つのベッドで抱きあって眠るものなのか?考えて見ると、隣国だと言うのにアメリカ人の生活よりも韓国の人々の生活を僕は知らない。細かな韓国の事情を知る事が出来たのは良かったけど……“オールドボーイ” “アジョシ” クラスを期待していたので残念だった。普通の出来だと思いました。下にトレーラーを上げておきます。

飛行機のディスプレイ。 [Aircraft]

4月12日晴  

各地に散らばるロシアの航空機“MiG”のモニュメント写真集の記事をギズモードジャパンで見つけた。
URLは http://www.gizmodo.jp/2012/04/mig.html

航空機は好きだったので、これらの機体は若い時には見慣れていた懐かしい機体だ。当時のソ連は援助として衛星国やアフリカの新興国に輸出していたものだった。それらがモニュメントとして飾られているのだろう。

MiG17(15かも知れない、ほとんど主翼の後退角の違いだけだものなぁ)。
mig17.jpg

これはMIG21
mig21.jpg

これはMiG23
mig23.jpg

この記事の最後に“こんな風に飛行機が飾られるのはあまり日本では見ない風景ですよね”とありましたが、向こうでもあまり見ないだろ。町中に飾ってあったのでそう書いたのかは解りませんが。町中ではないが日本でも航空自衛隊によっては飾っているところがある。下の写真は北海道の千歳航空自衛隊の中に展示してあるそうだ。F-104スターファイター。現役の時は最後の有人戦闘機との触れ込みだったが50年後の今も世界中の国々で人が乗っている戦闘機だらけである。
F104SF.jpg

映画“NYコンフィデンシャル”を見る。 [映画]

4月10日晴  映画“NYコンフィデンシャル”を見る。

昨日の今日ではあるが、新橋の文化劇場13:40分の回で見た。89席中20人。入場率22%。率だけで言うなら他の大きな劇場より高いね。本作品については一言だけ言いたい。これだけの俳優をそろえて、非常に残念な映画になってしまっています(勿論個人の感想です)。文字通り残念です。僕にはわざわざ映画館で見る必要はないなと思わせました。テレビの(まだあるのかな)木曜洋画劇場とかで放映されれば眺めているのもいいかな程度。それでもテレビやパソコンモニターで見るよりはいいか(嘆)。
NY-confidential.jpg

下にトレーラーを上げておきます。

映画 “ドライブ”を見る。 [映画]

4月9日晴 映画ドライブ”を見る。

キャリー・マリガンが出演していると言うので、ヒューマントラストシネマ有楽町で12:20分の回で見た。シアター1・162席中30人にはいっていない。ほとんどが僕以上の高齢者。時間的に当たり前か?前評判では暴力的な表現が多いと聞いていたので少し意外だった。今回、気がついたが、前席との間隔が広い。今まで経験した映画館の中で一番広いのではないだろうか?今度はメジャーを持ってきて、各映画館のスペースを計る事にする。下はポスターです。
Drive_pos.jpg

下にトレーラーを上げておきます。



また、シネマトゥデイで開始から10分間の動画がアップされていたので上げておきます。


すっごく面白かったし、俳優陣の演技も良かった。と言っても、主役のライアン・ゴズリングもキャリー・マリガンもほとんど言葉がないが。見つめあっているだけの印象だ。でもそれでも表情や、身体で演技している。ぜひご覧になってください、でも、血を見るのがダメな人はやめておいた方がいいですよ。しっかりと作られていて僕は満足しました。サンドtrackの選曲もすっごく良い。

下は一目ぼれするシーン。服役している夫を、待っている事が出来る女性で、なおかつ一目ぼれするほどの魅力を持つ女性という条件にマリガンの雰囲気が合致したのだろう。ナイスキャスティングだと思う。Drive_01.jpg

マリガン、ゴズリング、鏡の中に服役している夫、子供が写っている。
Drive_02.jpg

この人は映画では悪役のロン・パールマン。ヘルボーイの人か?ブレイド2にも出ていたような。
Drive_03.jpg

スピンする(現行の)Ford・ムスタングの中のクリスティーナ・へンドリックスのこの表情は演技か?それとも本当に怖かったのか?後ろに横転したベントレー(だと思う)が空を飛んでいる。
Drive_04.jpg

このような暴力シーンもありますのでR15+なんですね……。
Drive_05.jpg

主人公の運転する車、70年代の車だろう。最後まで主人公の名前はっきりとは分からないし、何をやってきたのかも、全く解らない。
Drive_06.jpg

新しい感覚だと思う。成り立ちそのものは伝統的な感じだが、静から動へ移るタイミングとか、音楽の使い方、スタイリッシュな画面とかがそのように感じさせる。“シェーン”の変形なんだけど、暴力を除けば、これは純愛映画で、何だかすごく切ない。僕は満足しました。車好きな人は楽しめると思う。

銀座の桜達. [街]

4月9日晴暖かい 銀座の桜達

もう30年近くの昔から行きつけの歯医者さんが銀座に引っ越してしまったので、検診に行く度に銀座に行かなくてはならない事になった。でも銀座は大好きな街なので苦にならない。還暦を過ぎてからはますます苦にならなくなった。じいさんには3ヶ月ごとの検診はお約束である(笑)。検診を終わり有楽町駅方面に向かう。数寄屋橋交差点の交番の前の桜の下で1枚撮る。午前11時の数寄屋橋交差点。暖かかったので桜も満開だ(全ての写真はクリックすると大きくなります)。
IMG_4632.jpg

これはすぐ近くの区立数寄屋橋公園の一本だけの桜。隣の岡本太郎の彫刻も嬉しそうか?
IMG_4649.jpg

映画を見ようと先にヒューマントラストシネマ有楽町により券を購入。席位置はど真ん中を予約。その後腹ごしらえを……。駅に吉野家があり春の牛丼祭をやっていたので(普段は食べないのが)、久しぶりに食べる。店を出て一枚。IMG_4633.jpg

道行く人は忙しいので、僕がパノラマ写真を撮り終えるまで待ってはくれない。ゴーストに見えるのはそのためです。

神田淡路町たいやき“神田達磨” [お店]

 神田淡路町“神田達磨”

神保町のミズノから銀座に回るため淡路町方向に歩いていたら角に鯛焼き屋さんがあった。たいやき神田達磨。
IMG_4559.jpg

ここは羽根付きの鯛焼きだ。一枚、買って食べて見た。今日は寒かったし。僕としては味は人形町の“柳屋”さんの方を好みます。
IMG_4560.jpg

今日の桜 [パノラマ写真]

4月7日晴 寒い。

今日の桜。近くのブラジル大使館の桜を撮った。
IMG_4556.jpg

どこでも桜が満開だ! [パノラマ写真]

4月6日晴 午後から急に寒くなった。

水泳指導の手伝いに浜町まで出かける。人形町から運動公園までの道すがらの桜もほぼ満開だ。午後の3時30分。若い母親達が自分の子供写真を撮っていた。桜の花の中でうまく撮れたかな?奥にはもう青いテントがこの時期の僕の興ざめの一つである。(写真はクリックすると大きくなります)
IMG_4515.jpg
上の写真はパノラマだが細部はこんな感じ。
IMG_4514.jpg

手伝いを終えて外に出ると運動公園の庭にある桜の下で宴会が始まろうとしていた。楽しそうで良かったね。光量不足のまま撮って見ようとシャッターをクリックしたらフラッシュした。iPhoneてフラッシュがあったんだね。初めて解った(笑)。
IMG_4524.jpg

今日の路面。 [路フェチ]

4月6日晴 今日の地面。

変った地面はないかなと下を見ていたら見つけた。花や植物の名前を知らない僕だがこれは知っている。pansy。
IMG_4510.jpg

同じく下を見ていると見つけた今日の路フェチ。
IMG_4508.jpg