So-net無料ブログ作成
検索選択

カクテル光線始まる。 [ニュース]

3月29日晴れ

プロ野球の公式戦が始まった。フィットネスクラブ隣の神宮球場が騒がしい。楽しそうに球場に向かう親子の風景も半年ぶりに帰ってきた。ここの地は、これが普通の風景だけどね。
IMG_0097.jpg

IMG_0096.jpg

路フェチ-その11 あるいはGooglemapの楽しみ。 [路フェチ]

一つ前の記事のように、Googlemapは色々な楽しみ方がある。先日、サンフランシスコ辺りを見ていた。サンフランシスコの廻りって飛行場が多い。サン・フランシスコ、オークランド、ヘイワード、モフェット、パロ・アルト,サン・カルロス。大と小、民間と軍用、取り合わせて上から見た限りでこれだけあった。空の交通整理はどうなっているんでしょうなんて考えながら海岸を見ていたら、もう使われなくなった飛行場を発見。
alameda.jpg

その中で注目部分を赤い数字で示した。①の部分を拡大してみたら…….
ho-net-1.jpg

空母がいたが、どうも動いていない風情。調べたら,海に浮かぶ博物館になっていた。空母の名前は“ホーネット”  興味のある形はmasdfさんの探報記をどうぞ。URLは http://www.masdf.com/altimeter/usshornet/ です。しかし僕の興味はそれでは無かった。②の方だったんです。拡大してみると……
accidents.jpg

……こんなのが出てきたので驚いた。全景の写真では映ってはいない。まあ、散乱の具合から見ると、機内の貨物室で爆発が起こった場合の破壊の仕方と火災の延焼の実験辺りではないかと思いますが。←ひょっとしたらGoogleはわざわざ実験時点での写真を今でも使っているかも……。このような発見があるのでGoogle-mapのウオッチは止められない。

路フェチ-その10(Google) [路フェチ]

下の図は、今日、地面を見つめながら歩いていて発見した……訳ではなくて……、地面は地面だけれどもGoogle mapの写真モードで眺めていた時に見つけた。写真はGooglemapから転載しました。
amrica-west.jpg

現代絵画かと見まごうばかりの形は、アメリカカンザスコロラド辺りの上空写真ではよく見ることの出来る形である。拡大すると……。
america-west-exd.jpg

このような形が見える。たぶん灌漑用の散水機が描く形で、直径は600mある。確かに広い土地には円形の方が散水には合理的かもしれない、農地の形も国と所によって違うって事だね。同じアメリカでもアイオワではこんな地面も……。
america-mid-view.jpg

拡大すると……。
gener-wind.jpg

畑に風力発電のタワーが建って いたんだね。電力も生み出す畑だ。

再起動におけるiPhoneとBlackberry9900の違い。 [BlackBerry Bold 9900]

iPhoneを使用している時に,(特に3Gや3GSの時に)再起動した方が良い時がわりとある。もうすでに皆さんご存じだと思うが電源ボタンとホームボタンを同時に押し、appleマークが出てくるまで押し続けることで再起動できる。(写真はiPhone5)
iPhone-1.jpg

Blackberryを使い始めて不便に思ったのは、再起動をかける時には(何処にも書いてなかったので)バッテリーをはずすしかないと思っていた。先日、blackberryにもボタンを押すだけでの再起動が出来ると知った。DeleteキーとAltキーと文字キーの同時押しです。
BB-1.jpg

確かにこれで再起動出来るが、指を使うのが、iPhoneの2個ならばまだまだやりやすいが、3個となると、やはりやりにくいね。気に入っているBlackberryだが、この点はiPhoneの方がやりやすいと思う。この一点だけではなくいろんな点で動きやすく出来ているのはiPhoneだと思う。しかし、メールと電話に関して言えばBlackberryの方が(僕の使用方法では)数倍、やりやすく、気持ちが良い。

iOS_6.1.3のアップデート. [iPad-mini]

3月20日晴れ 

iOS_6.1.3のアップデートがアナウンスされた。先週くらいに6.1.2にupしたばかりだったような気がするが、詳細を読むと地図データが改善されたとのこと。試しにアップデートしてみる。自分のよく知っている場所で比べるのが1番なので外苑駅で比較してみる。6.1.2では外苑駅の周辺はこのように表示される。
6.1.2_map.jpg

これが6.1.3ではこのように信号の位置が付け加えられた。駅の表示も少し変わっている。
6.1.3_map.jpg

これを3Dにすると……。こんな感じで2Dともに縮尺の拡大はこれ以上は出来ない
6.1.3_3Dmap.jpg

これでは役立たずだという人のためにはGoogle・mapがある。拡大はここまで出来るので不自由はない。まだまだGoogle・mapは必要だなぁ。
G_map.jpg

このような頻繁なアップデートをするApple勢を羨ましく横で見ている人間にとって、ブラックベリーの何にもプログラム修正アップデートのアナウンスの無い事は“いっそ気持ちがいいぜっ”ってなもんですよ(強がりです)。

映画“フライト”を見る。 [映画]


3月11日にアリオ亀有の中にあるMOVIX亀有でヒラ君と一緒に見た。今年の6本目。先週は色々な事情があり(体調不良で夜中に急に熱が出たとかがあり、一日寝ていたら復帰したが)すぐに感想を書けなかった。MOVIX亀有のスクリーン8は234人の定員だが、月曜日という事もあって、まわりを見渡しても20人といない。なんて、僕好み(笑)。しかも、画面を水平に望める列だけに集まっているなんて、MOVIX亀有の観客達(少なくともこの時間の観客達)はよく分かっているなあ。

「超人的なテクニックの飛行技術で乗客を救ったキャプテンが、飲酒操縦だったので責められ彼は後悔し、改心する物語です」と一言で言うとつまらないお話だなあと思われるかもしれませんが(個人的には)ソーなんです(笑)。公式サイトのURLは http://www.flight-movie.jp/ です。写真映画.comから転載しました。
2.jpg

雨の中のフライト出発前の確認をするDenzel Washington。
57488.jpg

機を着陸させる寸前のDenzel。
4.jpg

囲まれた報道陣に対して弁明するDenzel。
3.jpg

まぁ、佳作ですよね。物語は2つの部分に分かれていて、前半はCGなどを使った、派手な飛行アクションでドキドキ何ですが、良いのはここまでで、後半はよくあるアル中患者の社会復帰の話になっちゃうんですよ。しかも前半の超人的な能力はアルコールとは何の関係も無いんですから。酔っていたから、あんな飛行ができたのだと言う結論なら少しは面白いですが。また今回のDenzel Washingtonの演技とこの映画の演出に僕は少し失望しましたね。数値にはっきりと出るほどの泥酔状態のはずなのに廻りの誰もが彼が酔っていることに気がつかないなんて事は無いでしょう?アル中の演技がへただなぁって、また演出がちょっとなぁと思います。

ロバート・ゼメキス監督作品の中で、僕の好きな作品は “バック・トゥザ・フューチャー”シリーズと“永遠に美しく” だけです。この作品達は本当に面白いですよね。でもフォレスト・ガンプもコンタクトもキャスト・アウェイもあまり好きじゃないですね僕は。ついでだから下にトレーラーを貼っておきます。




今回の作品“フライト”より2006年のスパイク・リー監督作品の“インサイド・マン”のDenzelの方が10倍くらい好きですね、僕は。今回はまあ見ても毒にはならないと思うけど……(笑)。下にトレーラーを貼っておきます。

eco トイレ。 [これはすごい!]

3月12日晴

映画館トイレは清潔でなきゃぁ。僕は映画館の評価は、その映画館のトイレで決まると思っている(笑)。冗談はさておき、先日アリオ亀有に映画を見に行った折り館内のトイレが新しくなったのに気がついた。以下はその写真奥が旧型、手前が新型。
IMG-20130311-00070.jpg

上から見るとこんな形です。しかし、水を使用しなくとも、清潔さを保てると書いてありました。
IMG-20130311-00071.jpg

もしこのうたい文句が本当なら(老人は疑り深いのだ)確かに色々な面で良い事なのだろうが……。
IMG-20130311-00072.jpg

煙霧の名残。 [つぶやき]

3月11日晴

昨日(3月10日)吹き荒れた煙霧の名残。Oasiss青山の入り口の噴水の水底に溜まった砂。皆さん、黄砂と間違えたのも無理はない。
130310.jpg

なんとなく残念な神社の引っ越し。 [神社・仏閣・塚]

3月8日晴 暖かい日。

毎週金曜日に浜町公園に行くが、明治座の、道を隔てた向かいに、神社が出来ていた。先週はこのルートを通らなかったので確かな事は言えないが、出来たばかりで唐突な感じである。この写真で見ると(panoramaで撮ったので)広々としているが……。:写真はクリックすると大きくなります。
IMG_0082.jpg

以前コインパーキングであった狭い場所に 出来上がった神社。
IMG_0084.jpg

屋根の銅版も真新しい。
IMG_0080.jpg

宝生弁財天?んっ、これって水天宮の事じゃないか?そういえば子育て河童も1枚目の左側に写り込んでいたなぁ……。旗も水天宮って書いてあるし……。
IMG_0081.jpg

2枚目の写真で写っている、薄緑の袴をはいた宮司さんの話を横で漏れ聞いた所によると、今ある所の工事で一時的に引っ越してきたと言っていたが……。神社の一時的な引っ越しでも、縁があったりする所を選ぶのではと何となく思っていたものですから、この場所でまた借り事務所見たいな変更なので個人的には少しがっかりした。

パンダホテルのお話。 [ニュース]

インターネットの発達したこの頃、時々、中国(台湾じゃない、中華人民共和国の方ね)の新聞watchしている。つい最近ロイターにも乗ったらしいがpanda hotelの記事があった。写真を転載します。元の一連の写真は http://world.huanqiu.com/photo/2013-02/2684208.html にあります。panda好きは一回、滞在すると楽しいかも?(笑)。
panda-hotel.jpg


春、かな? [つぶやき]

野菜宅配サービスを契約している(妻が)。彼らは、季節の折々に(サービスのつもりかもしれないが)ちょっとした、イベントをする。今回は配達の箱の中に梅の枝が入っていた。砂糖水に浸すと持ちが良いとの説明文もあった。そうして見た。蕾はほんの一週間も経たない内に開花した。
IMG_0077.jpg

その拡大写真。このショットiPhone撮影したが、blackberryではここまで近寄れないし、色味が(語弊があるかもしれないが)寂しくなる。青身が強いからじゃないかな?と考えている。
IMG_0076.jpg

世間はひな祭りなのか? [つぶやき]

3月3日曇り 

妻が外出した帰りに見かけて購入してきたひな祭り用ケーキ。簡単にひなまつり。小さな内裏様にほほえむ。食べる前にローソクをともして1ショット。商魂たくましいね、Cozy Corner。味は僕には(古くさい表現だが)舌が曲がりそうな甘さだった。
IMG_0072.jpg

晩年 [つぶやき]

暖かくなってきた国立競技場の横を通る。建て替えが決まっているので、そのせいか夕日に照らされている姿を見ると、“晩年”と言う言葉が頭に浮かぶ。晩年だとは言え、この位置から見上げると堂々としていると思うけどね。来年には工事が始まる。blackberryカメラは地味に撮れるね(笑)。
IMG-130301.jpg

屍者の帝国 [本]

2月27日晴

図書館にリクエストしていた伊藤計劃の“屍者の帝国”がやっと番が回ってきたので借り出して読んだ。
cover-e-c.jpg

リクエストした時は100人を超えるウェイティング、リストがあった。図書館にリクエストすると常に(当たり前ですが)ウェイティング・リストの最後になる。その一瞬、僕には(今回は)100人の敵がいると、つい浅ましくも、思ってしまうのだ。

この本は最初のプロローグを伊藤計劃が書きその設定を伊藤の死後、円城塔が引き次いで書き上げた小説だ。ちょっと長いのでファン以外の方にはあまり読まれないかもしれない。着想や設定の意外さ、スケールの大きさ(地球をひとまわりする)があって面白かった。現代を19世紀に置き換えた感じで、現代のあれはこの本のこの記述じゃないかと想像するのも楽しい。ただ、人物の名前が、有名人(ワトソンだったり、カラマーゾフだったり、レッド・バトラーetc.)だったりするのは、面白い、またユーモアも感じる反面、有名なもので人物像に先入観を持って読んでしまい、僕には煩わしかった。一般的(SFを読んでいる層ではない人達と言うことです)な評価は得られないかもしれないが、SF史上、少なくとも日本のSF史上ではエポックメイキングな作品になるだろうと僕は評価している。(小説本体はちょっと、理屈っぽいかなと思うが)

ただ、円城塔のファンの方達からはお叱りを受けるかもしれないが、また言っても詮なき事なんだけど……、やはり伊藤計劃とは違うと感じてしまう。言葉の使い方その他の細かい事に……。伊藤計劃の文章から、僕の感じていた“明るい無常感”が感じられない。本当に言っても詮なき事なんだけど……伊藤計劃で読みたかったと思ってしまうのだ(スミマセン円城塔様)。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。