So-net無料ブログ作成

変わって行く明治公園。 [つぶやき]

所用で通りかかった明治公園の木が切られていた。樹木調査の看板がかかっていたが,国立競技場の工事のために全部,切ってしまうんだろう。視界が開けて明るくなったが,違う公園みたいで,何だか慣れない。フリマとかデモ行進の出発・集合などで使われて来たが,思い出のある場所が無くなるのはちょっと寂しい。でも変わって行くのは楽しい反面もあるのだからと納得する。
IMG_0565.jpg

これはその切り株,樹齢は50年くらいか?左足のつま先が映り込んでいるので太さは想像してほしい。切断面を見る限り、この木は健康だったんだろうね。
IMG_0566.jpg

映画“オンリー・ゴッド”を見る。 [映画]

1月28日晴 今年の最初に見た映画は“オンリー・ゴッド”。ヒューマントラストシネマ渋谷のシアター1の午後7:30分の回で観た。200人定員の所,観客は年齢層は満遍なくばらけていて40人位。ゴズリング主演の前の“ドライブ”で感じた,奇妙な感じが味わいたくて見てみた。

最初に言いますけど,血を見るのが苦手な人、暴力シーンが嫌いな人は見ない方が良いです。また,他の人にはお勧めしません。タランティーノ監督作品が大丈夫な人は,楽しめると思います。レフン監督の映像表現が心に引っかかる人は,血を見るのが嫌いでも見た方が良いかも……。レフン監督のあの変な感じが好きな人には受ける。僕の若い時に流行っていた実験映画みたいな感じも受ける。と言う事は,わざと難しく考えないで,状況や場面を素直に見るに限りますね。写真は映画・.comから転載しました。公式サイトは ココ です。
poster.jpg

ゴズリング,相変わらず、鍛えた体は格好がいいですね。この画面の後でボコボコになりますが……。
main_large.jpg

で、気になったんですけど,ゴズリングさん演技がワンパターンになりつつありませんか?ダスティン・ホフマン見たいに。前の“ドライブ”の感想はここ。   “プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ”の感想はここ
sub1_large.jpg

比較する訳じゃないんですが,この悪母親役のクリスチャン・スコット・トーマスすごかったですね。こんな母親なら,抹消してしまいたい(笑)。以前の良妻賢母と言うか善人がぴったりの感じから,突然,このアクの強い性悪女を演じきっているんですものね。前のパターンの出演作“サラの鍵”の僕の感想はこちら
sub2_large.jpg

そしてこの人も良かったですね,ピタヤ・パンスリンガム。冷静沈着,剛胆,な〜んか、達人って感じを雰囲気で表現してましたし,映画の中でカラオケをするシーンが多いのですが,この人なかなか普通にうまいですよね。
sub3_large.jpg

下にトレーラーを貼っておきます。

榎(えのき)稲荷神社 千駄ヶ谷。 [神社・仏閣・塚]

いつもは気づかずに通り過ぎている場所も、ある日,ふと気になることがある。そんな時は少し寄り道になるかもしれないが,道草する事にしている。今朝も東京体育館に行く途中で(時間的に余裕があったせいもあるが,)いつも通っている道端の神社と言うか祠に気がついた。前方100mには鳩の森神社がある坂道。道から見える小さな洞窟の様な祠だけかと思ったら,階段を上がると,これまた小さな社があるらしいのに気がついた(赤い矢印の所)。この写真は,ブログを書く時に全景を取る事を忘れた事に気がつき,Googleのストリードビューから転載した。
enoki-1.jpg

鳥居は低く心理的に屈んで入ることになる。石碑には“江戸名物”とあるので,江戸時代にはもうあったのかね。榎稲荷神社 左右3〜4mの間口しか無い神社だ。
enoki-2.jpg

入って正面左にある祠。
enoki-3.jpg

祠に向かって左には階段がしつらえてあり、その登り口の狐の像,だいぶ損傷している所などを観るとメンテナンスは悪そうに思えた。
enoki-4.jpg

最上部の社。右となりには千駄ヶ谷駅から続く高台に連なる瑞円寺の境内と同一平面となる。
enoki-5.jpg


この辺を、歩き回る様になってから、もう15年になるのに、この社の階段に気がつかなかった。そんなものかもしれない。見ているようで,見ていない。見るのではなく眺めているだけだからねぇ。一歩踏み込んでみると,また違った楽しみに出会えるかもしれないね。この神社の由来についてはココ を観て下さい。

ウイッシュリストってどこ? [Mac]

iTunesが1月23日にアップデートされライブラリの表示中にウイッシュ・リストが表示できる機能が追加されたとアナウンスがあった。
iT-mark.jpg

確かに(僕の場合、自動でアップデートする設定になっているので)アップデートの項目には下の様に記述があるがソフトの中で見つける事が,僕には出来ない。何処にあるんですかね、アップルさん?
iT-11・1・4.jpg

……まで,あと16日。 [つぶやき]

オリンピックまで後16日。 ソチOlympic迄ってことだね,これは。都内,某所の、と言っても見る人が見るとすぐ分かるが,国立競技場の(何口に当たるか分からんが)正面口の横にあるカウントダウンの看板。日本人はキャンペーン民族だと以前に言われていたけど,その片鱗が今日でも、このような所に観る事が出来る(笑)。僕は全く気にしないが,東京オリンピックまで後何日ってやっていたもんなぁ,僕の子供の頃は。国立競技場は3月を過ぎると建て替えの工事に入るが,オリンピックまで後何日のカウントダウンの標示板は都内各所で観られる様になるんでしょうね。
soti.jpg




浮かび上がるボタン。 [ニュース]

1つ前の記事で,物理キーボードが欲しいので,iPhoneとBlackBerryの2台持ちをしていると書いた。それと前後して,タッチパネルにキーボードを浮かび上がらせると言う技術が開発されたとのニュースを見た。写真と記事はギズモード・ジャパンです。
ver-keyboad.jpg

今の所,物理キーボードを浮かび上がらせる所までで,キーボードとしては動かないらしいが,この技術はケータイ以外の他の機器でも活用の範囲が広いと思う。任意の場所に任意の形のボタンを浮かび上がらせる事が出来たら,色々な機械の形態を変えてしまうのではないかねぇ?

やっぱり,iPhoneに物理キーボードが欲しい(笑)。 [iPhone]

やっぱり,iPhoneに物理キーボードが欲しい。

以前にiPhone5にスライド式のキーボード付きのケースを購入し使用していたが,重さが気になり段々と使用しなくなっていた。しかし物理キーボードの有利さは自分に取っては一番の購入ポイントなのは変わりなく,キーボード付きのiPhoneで軽いものが出てくれればなあと思ってた。現実にはメールや文章を打つのはBlackBerryでブラウザや種々のアプリやカメラはiPhoneでと2台持ちをしている。昨日,iPhone5sとBlackBerryZ30のキーボードの入力し易さの比較の動画を見つけた。英語なので日本語を入力するのとは少し違うとは思うが興味深かった。これは画面の仮想キーボードによる比較だが物理キーボード・タイプのQ10との比較が欲しいと思った。やっぱり物理キーボードがいいなあ(嘆)。


調べてみると,キーボード・フェチは僕だけではないらしく,他の方々も色々とチャレンジしていたらしい。その中で一番,自分に合っているらしい?ものを見つけた。写真はiPhone mediaの記事です。 URLは http://iphone-mania.jp/news-13874/ です。
i5-bb-keyboad.jpg
i5-bb-keyboad-2.jpg



この会社はBlackBerry社から特許侵害で訴えられているが,買っておこうかな(本体は10000円くらい)?と思っていた矢先BlackBerry社がキーボード重視の製品を出すとのニュースを得た。記事はBlackBerry fan siteから URLは http://bbfansite.com/wp/?p=31803 です。
始めっからキーボード付きで9900の進化型で勝負したほうが,そしてコアで確実なシェアだけを狙えばいいと皆(BlackBerryのユーザーは)思っていたのにねぇ(笑)。まぁうまく生き残ってBlackBerryの新型を,そしてそれが日本で販売できる事を期待します。

青山熊野神社 [神社・仏閣・塚]

1月3日晴れ

草木も眠る丑三つどき……は講談(主に怪談)の枕詞だが、写真は草木も眠る丑三つ時の青山熊野神社。小さくこじんまりとした神社です。 住んでいる所から60mくらいしか離れていない、家から最も近くにある神社である。コンビニの向かいにあるので、夜中にコンビニに買い物に行った時など,チラ見する。たまには参拝したりする。いつもは拝殿の1カ所にしか灯はついていないが,三が日はこの様に夜通し煌煌と全体を照らしている。普段はこの時間でも一人や二人は,歩いていたりするのだが,さすがに正月の3日では、僕以外には誰もいなかった。誰も参拝しない神社に一晩中,ライティングするのは無駄な事だと言う意見があるかもしれない。しかしハレの日に,この様に煌煌と神社を照らすのは、僕は良い事だと思いたい。大体,何が無駄で何が無駄ではないと誰が決める事が出来るのだろうか?(写真はクリックすると大きくなります)。
熊野神社1月2日.jpg

コンデンス・ミルクへの思い。 [食べ物]

僕の小さい頃は,日本もまだまだ貧しかったのと,都会ではない田舎に住んでいたので,コンデンスミルクが珍しかった。今はチューブ状のポリ容器だが,その当時は小さな小さな缶詰で売られていた。カンズメの蓋部分に穴をあける器具がついておりそれを使って小さな穴をあけて使用していた。その当時からコンデンスミルクは大好きで,大人になったら,嫌という程、イチゴにかけてやろうとは思っていた。しかし,普段はそのような思いは忘れているので,大人になって初期の老人になった現在までに、それを実行した事は無かった。先日,娘が下の写真のコンデンスミルクを持って来た。僕のコンデンスミルク好きを知っているので,これは喜ぶだろうと思い,会社でもらって来たと言っていた。写真の通り,本当にでかい!こんな大きさの(コンデンスミルクの)容器は初めてで,ビックリですよ(笑)。ノーマルの大きさの森永の練乳と較べてみて下さい。実際に見ると写真でみるよりもっと大きく衝撃がある。
IMG_0549.jpg
もちろん,イチゴを食べる時にも使用してみたが,試しにコーヒーに大量に入れてみた。すると……限度を超えてコンデンスミルクを入れると,コーヒーはミルクキャラメルの味になるんですね(笑)。なるほど。

2014 年賀 [つぶやき]

あけましておめでとうございます。年賀用の画面を作ったのでアップします。
meiquiin用.jpg
今年もよろしくお願いいたします。