So-net無料ブログ作成
検索選択

コマネチ角度だとぉ〜。 [ニュース]

一つ前の記事の続きですが、TEPIAビルの未来技術の展覧会では、すでに実用化された技術も展示している。その中で気になったものを一つ紹介する。ネジが錆びついて取れにくかったことはありませんか?それを解消するペンチが下の写真の“ ネジザウルス ”である。
ネジザウルス.jpg

技術的な説明は下の写真で。対象物を挟み込む角度を変更したわけですね。
img065-1.jpg

挟み込む部分の接触面の筋の入れ方も変更した。
img065-2.jpg

しかし、下の写真の説明では、その角度のことを、“ コマネチ角度 ”と呼んでいる。ピンとくるのは日本人だけだろう。
IMG_1013.jpg

こんな呼称をつけちゃって大丈夫ですか? 会場にいた、説明係スタッフの美人のオネーさんは(こう書くととセクハラになっちゃうんでしょうか?)噂ではと断って“ 北野武さんはコマネチに200万円くらい支払ったそうですよ ”とぼくの耳元で囁いた(笑)。

肝臓ガンのモデリング。 [ニュース]

僕の行っているフィットネスクラブの上にあるTEPIAでは日本の技術の進行の展示が一年中を通して(展示品目替えの時期を除いて)行われている。今回の展示品目替えが済んだのでクラブの帰りに行ってみた。一番最初に今はやりの3Dプリンターによる展示があった。写真肝臓の3Dプリント。プリントという言葉はふさわしくないね、モデリングとでも言うべきなのだろう。この肝臓はシースルーになっており、中に癌に侵された部分が外部から見えるようになっている。この滑らかなモデルをプリント(モデリング)するプリンターは2千万円クラスだそうだ。このモデルを使ってお医者さんは手術の手順や患部の確認などを行うのだろうか?技術の進歩は早いね。他にも興味深い技術の展示があるので興味ある方は見ると面白いです。無料だし(笑)。
肝臓ガン.jpg

宮崎台駅前の桜。 [街]

4月2日晴れ
所用で出かけた東急田園都市線宮崎台の駅前の桜。桜の季節なので一枚撮った。僕達夫婦は26歳から33歳までここに住んでいた。当時は駅の周囲には何もなく、木も小さかったんだけど。40年近く経つと立派な桜並木になっていた。(写真クリックすると大きくなります。)
IMG_0996.jpg