So-net無料ブログ作成
検索選択

ホラー映画の画面に似た……。 [つぶやき]

練習を終えて出てきたロビーの監視モニターがプールを映し出している。ライトが消されたので光量が少なくそのせいで画面が荒れていて、今にも貞子が出てきそうである。髪の長い女でも泳いでいる映像が写ったら怖いだろうな。
IMG_1536.jpg

外に出たら、岸体育館の上に満月(?)がかかっていた。
IMG_1538.jpg

映画“エクス・マキナ”を見る。 [映画]

このところAIの話題が頻繁に出てくる。碁の対戦で人間が負けたとか、ホーキンス博士が今のうちにAIの研究をやめないと人間は滅びると言ったとか。なんだか騒がしい。そんなわけで、今が“旬”のAIがテーマの映画“エクス・マキナ”を見に行った。今年の10本目の映画である。6月12日17:50分の回で見た。227席の内、多く見積もって100人位の入り。封切られたばかりなのでネタバレ無しで。

これって未来を引き継ぐのは人間かそれともAIかって問題よりも、(思考回路も)人間そっくりに作った機械は人間か?というテーマですよね。何回も繰り返されたテーマの2015年時の解釈だと思う。アマゾンやグーグルで隅の方にお前の好みはこうだろうと展示される時の不気味さを感じている現在を踏まえて作った一種の心理劇で、わざわざ複雑にする仕掛けもありますが、映像も含めてとてもきれいです。SF映画のファンとしては、新しい概念や見方が映像として提示されて、その斬新さに心が打ち震えるというような体験を期待するわけですが、そんな作品は5年に1回位なんですね。その意味では今回も裏切られたが、映画としてはとても好きな映画ですね。でもSF映画としては普通だなぁ。

主人公のロボットを人間型から昆虫みたいな形で作ってご覧なさい。別の物語になっちゃうから(笑)。でもこの映画の前提が、AIはいつか人間を越えるだろうと、それを当然として作られてあるのが現代的だと思いました。
公式サイトは→ココです。 画像は映画.comより転載しました。
exmna-1.jpg

アカデミー映像効果賞を貰っただけのことはあります。映像だけでも見る価値はある。使い方が上手いんですよ。ノルウェイで撮影したとクレジットにありましたが、その景観も綺麗ですし、インテリアのデザインもいいですね。気に入ったのは、その土地の岩盤が部屋の壁からわざと露出して作ってある部屋。お金持ちらしくて、また、インテリアとしてもいい感じなんですよ。別荘の入り口も原野の中に入り口のドアがある部屋のみとかね。
exmna-2.jpg

女性形ロボット役のアリシア・ヴィキャンデル。僕は女優として意識したのは今回の作品からですが、動きがうまい。体の動かし方が巧み。と言うか、意識的に体を動かすことに慣れている感じ。余りすごい美人じゃないのにも好感が持てる(この役にあっている感じがする)。
exmna-3.jpg

プログラミングを考えるネイサン役のオスカー・アイザック。まあこの量のメモでは足りないと思いますが、思考をプログラミングする作業を映像的に表すとこんな感じにはなるんじゃないでしょうか?この人は個人的には“ドライブ”でキャリー・マリガンの夫役でちょっと出てきたのですが、その時の、悪人でも善人にでもなれるような演技が印象に残っていましたが、この作品でもいい演技してますね~。
exmna-4.jpg

新しい才能も発見しましたよ。“キョーコさん”役のソノヤ・ミズノさん。ダンスが上手いし、立ち姿に雰囲気があります。
11264284_466931396795968_1703283671_n.jpg

ケミカル・ブラザーズのプロモーションで踊る“キョーコ”さん。


映画の中でケイレブ役のオスカー・アイザック踊るキョーコさん。オスカー・アイザックも踊りうまいね。


トレーラーを貼っておきます。



チョコ好きへのおみやげにはチョコレートが一番です。 [つぶやき]

娘からディズニーランドのおみやげにチョコレートを貰った。僕のチョコレート好きをよく知っているからである。
IMG_1501.jpg

中はこのようなチョコレートが詰まっていた。1時間後には無くなっていたが……。ごち!
IMG_1498.jpg

新装 水天宮。 [神社・仏閣・塚]

久しぶりに浜町プールの水泳指導手伝いに行った。途中のすっかり出来上がってしまっていた水天宮。3年前、浜町公園の近くの仮-神社に引っ越したのが、ついこの間のような気がする。仮設の神社は→このようなものだった。 
お寺ですか?と問いたくなる以前のコンクリート作りの神社から、純日本式に木造で宮大工の腕が存分に振るわれた新しい水天宮。(写真クリックすると大きくなります)。
siteng-1.jpg

元の仮の神社のあった場所には移転のお知らせが貼ってあった。
siteng-2.jpg
siteng-3.jpg

……ということらしい。

映画“雨女”を4DXで見る。 [映画]

ホラー映画は苦手で見に行かないが、例外もある。例えば“リング”は見に行った。とても面白かった。怖かったけど。また、見ていると3Dでも酔ってしまうので、4DXなんかとんでもないと思っていた。他の人にも広言していた。

いつも行っているフィットネスクラブのスタッフ、O林君はクラブの若い人の中でも映画好きで、時々、映画の話をしていた。やんちゃな彼は、僕のホラー嫌いと3Dで酔うのを知って、両方共体験させようと画策し、“30分ガマンすればいいんですから”と映画“雨女”に誘ってくれた。6月10日に見た。場所はユナイテッド・シネマ豊洲。ララポートの中にあるし、そもそも豊洲に行ったことがないので、怖いもの見たさと物見遊山の気分で出掛けた。ポスターは劇場でiPhoneで撮りました。画像は映画.comより転載しました。
ameonna.jpg

コピー通りに、確かに濡れましたし、雨も降りましたよ。気配も感じた。……でも。
640.jpg

JKのキャァ・キャァいう声の中で最初の仕掛けが作動した時、僕は笑ってしまいました。あ~、そ~くるかって感じ。これはホラー・コメディでしたね、僕にとって。まあお話も練れていないし、余計な不必要なカットが多いので、デキが悪い感じが否めない。4DXとの連携もタイミングや効果の出し方が今一で、今に4DXコーディネーターなるものが映画の出来を左右するかもしれないね。まあ~映画.comでのこの映画の評価が低いのですが、それも当たり前ですよ。でも、それはそれ、楽しみました。映画を見終えてレストラン街で食事して帰りましたが、その部分のエンターテイメントも充実していて、ココは良いですね。食べ放題も満喫し、帰ろうとしたら11時の閉店になったんですよ。すると部分的に明かりを残して突然全ての照明が落ちたんです。まるで、出て行けと言わんばかりに。あの照明の消しかたは理解はできるが客商売としては納得ができなかった。でもまた行こう~っと(笑)。下にトレーラーを貼っておきます。

今日の国立競技場-(その9) [建物]

夕暮れに佇む今日の国立競技場-その9、遠くに神宮球場のカクテル・ライトが見える。その8は真ん中に木が邪魔をしているので、そこから視点を移して見た。(写真はクリックすると大きくなります)
IMG1484.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。