So-net無料ブログ作成

Hubのピンバッジ。 [お店]

ピンバッジが好きです。気に入ったピンは時々購入している。最近、購入したのはこれ!Hubの営業35周年記念で、お店に飾ってあったのと、呑んだくれているドラゴンという図柄も気に入ったのでポイントカード1000ポイントで交換した。
IMG_1112.jpg

このような記念のお土産まがいに言ってもしょうがないことなのだけれど、なんだか安ぽっちい。周囲を直線で切り抜いていることと、厚さが薄いことが原因だと思う。下の写真は他のピンとの比較です。左がHubのピンバッジ。表面の盛り上がりも含めて半分の厚さしかない。高級感って量と質なんですね。
IMG_1118.jpg

Hubはフィットネスクラブの帰りによく利用している。ポイントも貯まるわけだ。ギネスとエール(?)のハーフ&ハーフがお気に入りです。ラム・ケバブ、シュリンプ・バケット、フィッシュ&チッップスなんかで1パイントやって(大概、2杯になるんですけど)帰る時にちょうどいいんですよ、あの店。Hubのホームページの写真貼っておきますね。
Hub-1.jpg

深夜のマクドナルド。 [お店]

映画を見終わったのが深夜23:30分、終電から1本前の電車で地元の駅に帰り着いたが、ちょっと帰宅する前に深夜マックする。画像は深夜0:00の外苑前のマクドナルド。客は6人くらいだったが、皆さん何か熱心に記入している、なんのお仕事やってんですかね?マックの従業員と注文の会話を交わし、コーヒーs&フライドポテトsを受け取る。なんとなく“ 上司がアホだと下の従業員は苦労しますよね〜。 ”と言いそうになる(笑)。気分転換してから、家に向かって歩いていたら、途中で肩を叩かれたので、振り返ったら、若い女性が‥‥‥、なんだ、我が娘じゃないか。イカンだろうがこんな深夜に、女の一人歩きは、ちゃんと男に送ってもらえ(笑)。彼女は飲み会の帰りだった。親娘で何やってんだか(笑)。
IMG_0974.jpg

世界の山ちゃん。 [お店]

上野のアメ横にスポーツ用品店の“ジュエン”がある。たぶん都内では1番安く購入出来るので(これ以上の安さがあるとしたらそれはネットのお店ですね)、時々のセールの時などに行っては購入している。そのジュエンのすぐ横(20m位か)にある手羽先のお店“山ちゃん”。
IMG_0850.jpg

上を見上げれば、特徴的なわりと目に付く広告が……。
IMG_0851.jpg

名古屋で食べた人なら解ると思いますが、手羽先(の唐揚げ?)が名古屋は美味いんですよ。初めて当地で食べた時は、感激した。アメリカのケンタッキーは世界中に進出しているが、それはカーネル・サンダースの作り出したあの味があったからだろう。それと匹敵するくらいの独創的な味だと思いました。“世界の”は伊達じゃないと思うよ。しかし、なかなか東京では、あの味は食べられないんですよ。名古屋なら、一般的なのに……。山ちゃんはその内の1軒(だと思うが確信はない)。東京で食べるにはこのお店のチェーン店(確かあったと思うが)食べるしかないんですよ。他では名古屋のこの味は味わえないんですよ(少なくとも僕の今まで食べたお店の中では)。ココ上野店は2階にはテーブル席があるが、1階では持ち帰りようのカウンターがあるのみである。
IMG_0853.jpg

持ち帰り用は一人前5本(でいいんですかね?)でこれは二人用の864円(消費税込)でした。中身はこのような雰囲気。
IMG_0856.jpg

外側はこんなデザイン。何が言いたいかというとキャッチコピーの“愛する人へのお土産に”がわりと気に入っているって事が言いたいだけです。
IMG_0858.jpg

で、当然僕も“愛する妻のために”お土産に購入したって訳ですね(笑)。ああ、おいしかった。

ひざしのなかの霧は心をうるおすか? [お店]

7月26日晴 
今日も暑いが湿気がないので、いっそ気持ちがいい。ハチ公バスで渋谷まで出かけた。バス停の後ろはスパをやっているお店で入り口には草花がいつもキレイに整えられている。この暑さでも花や木は緑をよく保っているなと思って見ると、草や木にびっしりと水滴がついていて瑞々しい。水をやったばかりなのかなと思ったが、周りは風が吹くとかなり涼しい……。
IMG_0812.jpg

その理由は下の写真の通り。細かい霧を噴霧していたんだね。道理で風が吹くと涼しい訳ですね。渋谷西武のロフトの裏通りでもやっていたよね。夏はこんなのが人気だね。この店のサービスなのかね。ゴメンナサイお店の人(→お店の名前が写真に入っていませんが)お店の名前は“カジャ・スパ”と言います。
IMG_0813.jpg

僕も散歩と雑学が好き。 [お店]

7月25日晴
1970年に植草甚一 オジサンが(僕の叔父さんではなく、その頃、大学生のまっただ中だった僕には、オジサンに見えたというだけだが)“僕は散歩と雑学が好き”と言う本を書いた。大学生の僕には当時のサブカルチャー全盛の情勢もあり、僕風に言えば相当にかぶれた。今日の題目はそれをパクった、もといリスペクトしたものである(笑)。

渋谷はぶらぶら歩いていると、いろんな情景に出会う。今日のこの熱波の中、西武A館とB館の間の道を、NHKに向かって歩き、東急ハンズに入るとそのフロアで何かやっているのが目に入った。このフロアはいつもはmini展示会らしき事をやっているフロアで東京地方の人にはご存知の東急ハンズの裏口に当たる。その(裏の)入り口から正面のエレベーターに向かって右の奥でやっていた標本の展示即売。標本を作る会社がやっていたのかな?下の写真は脊椎動物骨格標本37,038円とあった。なんて半端な金額だろう(笑)。
IMG_0805.jpg

フナの部分拡大。
IMG_0807.jpg

他には50cmはあろうかと思える、蚕の木製の模型標本があった。これは欧米系の旅行者が買っていた。下は蛇の骨格標本。脊椎動物の骨格は本当に美しいなぁ。
IMG_0804.jpg

スワローズ・オフィシャル・グッズ・ショップ開店! [お店]

外苑前のスタジアム通りにスワローズ・オフィシャル・グッズ・ショップが出来ていた。
IMG_0787.jpg

あれっ。ココは先月までフレッシュネス・バーガーだったんじゃネ?僕の場合はビールとオニオンリング,フライドポテト以外に注文した事は無いけど……。ココのオニオンリングはビールと一緒だとうまい。あと2日も経つと以前のお店がなんだったか思い出せなくなるんですよ。←年のせいか(笑)。
IMG_0784.jpg

お店の中はこんなグッズで一杯だった。東京地方の阪神タイガースファンにはもうおなじみだが,外苑前のスタジアム通りには、タイガース・グッズを売るお店がある。なんでスワローズ・グッズを売るお店が無かったんだろうね。
IMG_0782.jpg

これからスタジアム通りの何メートルか球場よりのタイガース・ショップとのお店同士の売上合戦もヒートアップしたりして(笑)。

パリの薫りがするかもしれない(レザベイユ・南青山) [お店]

青山通りを溜池方面に向かい右側のエリアは左側の表参道側に較べて(あくまでも僕個人の感想ですが)瀟酒なお店が多いと思う。iPhoneの大辞林によれば “瀟酒・瀟灑←さっぱりとして気がきいているさま”とある。このお店もそんなお店の1つだと思う。蜂蜜とそれから派生する食品(キャンディ・チョコレートを始めとするお菓子類)・石けん・健康食品・容器等を販売している。詳しくはお店のホームページを見て下さい。→ココ。 
IMG_0728.jpg

この蜂が向かい合っているマークの看板が目印。ホテル・青山フロタシオン向いの道を入って2軒目の一階にある。
IMG_0731.jpg

入り口のディスプレイ。
IMG_0732.jpg

入るとすぐに量り売りの蜂蜜がおいてある。家から容器を持って来てもらっても良いそうである。
IMG_0724.jpg

販売する商品のディスプレイ。明るい色をしたアカシアの蜂蜜から黒っぽいFORET(フォレ←森って事ですかね)まで各種ある。
IMG_0721.jpg

これはプロポリス・エキス。食品に(例えばヨーグルトなどに)混ぜるのかな?
IMG_0727.jpg

下のキャンディーを食べてみた。10個500円。自然な感じがする。パリの薫りがするかもしれない(笑)。写真はレザベイユのホームページより転載した。
honeycandy01.jpg

雨の日には、こんなお店で本を読んで。(西麻布 Rainy Day) [お店]

この日,コーヒーが飲みたかった僕達は,外苑前のあまりの人出の多さに辟易し,天候が良かった事にも気を良くし,新しい路地の店を探す事にし,少し歩くことにした。いつものコーヒーを飲んでいるエイベックス下のドトールは,つくだ煮が出来るほど、若い女子で一杯だった。何かのイベントがエイベックスであったのだろう。青山通りと六本木通りを結んでいる路地は数多くあり,そのうちの一本を、そろそろ歩き疲れるかなというあたりで、この看板を見つけた。
IMG_0719.jpg

レイニー・デイ 店の看板もカッコいいね。地下に降りてみると……
IMG_0720.jpg

お気に入りの作家の新刊を買って来て,家まで待てずにカバーを開けて読むのに最適な空間が広がっていた。写真は店内,同行した年上の友人をメインに一枚撮った。(写真はクリックすると大きくなります)。コーヒーカップの下まで入れようと意識が行かない所が僕の写真の腕の現在の限界を示している。
IMG_0716.jpg

西麻布の交差点の近くにある。僕の自宅からは少し遠いのが難点である。店内には僕達二人の他にお客は一人しかいなかったが,それは問題ではない。コーヒーをサーブしてくれた女性はすばらしい美人という訳ではないが,気が利いて、何だか仕事が出来そうで,愛嬌があった。誤解を恐れずに書くと,片岡義男の小説に出てくる様な女性とでも言うか。しまった!彼女の写真を撮るのをお願いするのを忘れてしまった。まっいいか←ちっとも良くはないが(笑)。
map-switch.jpg


校章は美しいと思う。スミタ帽子店-(池袋) [お店]

この頃,池袋に出かける機会が多くなった。取引先が池袋に引っ越したからだ。取引先のあるビルのすぐ近くにペナントやTシャツを制作販売する店があった。店頭に校章などをディスプレイしてあったのが目を引いたので一枚撮った。校章のデザインと言うのは僕はなかなか好きである。ご存知のものはありますか?写真はクリックすると大きくなります。
IMG_0608.jpg
IMG_0607.jpg

近くに立教大学があるので、きっと、立教の学生なら知らぬ者はいないお店なのではないでしょうか?店のたたずまいはこんな感じです。キャップやTシャッツも扱っている様ですね。
IMG_0611.jpg


筑前屋、おぬしも悪じゃのう〜(人形町) [お店]

10月11日晴

“筑前屋、おぬしもワルじゃのう~”と、お代官様と商人が談合していそうな雰囲気(建物の作りがですよ)の人形町・筑前屋。人形町界隈には、おやじの佃煮が出来そうなほどオヤジだけが集っている店が多い。筑前屋はその中では、女性や、家族で来ている人も見かける。各店・それぞれ、楽しそうだ。オヤジだけの店は1人でも(空き席さえあれば)入る気持ちはあるが、このお店は誰かいないと入る気がしない。いつものプールの帰りで通るが、1人なので、まだ入った事は無い。一回、入って見たいものだ。本当に、人形町界隈は楽しそうだ。
IMG_0401.jpg