So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の一台(ヤマハSR400or500)の改造車。 [bike]

今日の一台。SR400or500の改造車。大概、BSA風のアルミタンクが多いのだが(人気があると言えるが)この車体は珍しくノートンのタイプが付いていた。
IMG_1473.jpg

クリップ・オンハンドル、ライト・ステー、フェンダーのカットオフ、シングルシート、バックステップ、オーリンスのリヤ・ガスショック、ウインカー&ブレーキランプの小型化と結構、手が入っているね。
IMG_1475.jpg

グリップ・ラバー これはデザインされているのは解るけど握り易いものなのだろうか? レバーはパワーレバー現代の車はこれが標準でついているのかどうか、昔はこれは純正から替えなければならなかった。ミラーの穴も丁寧に閉じてるところにオーナーの気質が感じられる。
IMG_1479.jpg

アルミ製の計器盤ホルダーとハンドルのアップステムにつけられたデジタル時計が泣かせる。この時計の使い方は初めて見た。できる限りのボルトはヘックスボルト。僕もヘックス・ボルトは大好きです。
IMG_1477.jpg

このシングルシートは僕とは趣味が合わない。リヤ・フェンダーの短さももう少し長いほうが実利的だろう。昔は電装系が弱かったので前後フェンダーが短いとエンジンの調子に影響があったが、現在の発達した電装系ではこれでOKなのだろうか?
IMG_1476.jpg

バックミラー周り。
IMG_1481.jpg

ガソリンタンクの造形はかっこいいね。個人的には何がしかのエンブレムかマークがあればもっと締まった感じになると思うが、そこは好き好きだと思う。
IMG_1480.jpg

自分の好む方向での適度な改造と実用がバランスされていて、ちょっと目を引いたのでiPhoneカメラで取って見ました。もう少し磨いてもいいかとは思うが、乗り込んでいる感じがにじみでていて雰囲気の良い一台でした。

アレックス・モールトン展に行ってみた。 [bike]

2012年に92歳で亡くなられたが、生み出した自転車は、熱烈なファンを持つというアレックス・モールトン氏の自転車の博覧会と銘打って青山の伊藤忠ギャラリーで開かれているモールトン展に行ってみた(ああ、長かった文)。僕は最初はモーリス・ミニのフロントサスの設計者として知ったので、自転車にすごい熱意があり変わった(とその当時は思った)自転車を制作していると知ったのは随分後の事だった。
im_bicycle_main.jpg

かなりたくさんの種類が出展されていたので、良いなと思った車体だけを写真に撮ってみました。ごめんなさい、名前を記録するのを忘れました。これは風防が前部を覆っているタイプ。
IMG_1443.jpg

ホンダのカブのようなボトムリンク・サス。ショックはヘッド・チューブの中にある(と思う、たぶん)。
IMG_1444.jpg

カンパがアッセンブリーされていた。
IMG_1445.jpg

リヤもカンパ……。
IMG_1446.jpg

次に気に入った一台。
IMG_1449.jpg

4輪のダブルウィッシュボーンのようなリンク。支持部に多分トーションを利用したダンパーorサスペンションが入っていると思う。
IMG_1450.jpg

リヤ・サスもゴムの中に液体が入っているタイプだろうねぇ。
IMG_1454.jpg

一番の特徴はベルトドライブであった。しかも偏心してるし。
IMG_1455.jpg

シマノのデュラエースと電動シフトが組み合わされたタイプも有りました。
IMG_1439.jpg

これが、一番気に入ったタイプです。航空機用のステンレス・パイプを熟練の職人がロウ付けし、徹底して磨き上げた一台。
IMG_1456.jpg

トラス、トラス、トラス……。前のサスは前のタイプ。
IMG_1458.jpg

シートステーもトラス、トラス、トラス……。
IMG_1466.jpg

こんなに手をかけて、まだ材料を吟味して作ればそれはもう高くなってもしようがないと思う。50万~200万位。それも、ほかのメーカーの自転車と比べて、特別、高いわけでもない様な現状が、今の自転車ってつくづく遠くに来たなって思う。氏のアイディアスケッチも展示されていましたよ。
IMG_1467.jpg

勲章も貰ったんですね。
IMG_1468.jpg

興味ある人は無料ですので、勤め帰りに寄ってみたら良いんじゃないでしょうか?

今日の一台(ホンダCB350) [bike]

今日の一台。ホンダCB350。先のCL350→ココです。のCB国内版。当然、やはり1969~70年製。フィットネスクラブへの途中に駐輪していた。
IMG_1435.jpg

横からのショット。昔はオートバイ(と言っていたが)モーターサイクルはこの配色がほとんどだった。当時はおっさん臭くて嫌だったが、今見ると、なかなか渋くていいなと思う。ああ、僕が年をとっておじいさんになったからか(笑)。タンクはひとつ前の型CB72と同じだと思う。フレームは前の72のダイヤモンド・フレーム(エンジンも構造物の一部として使うタイプ)と違い、完全なシングル・クレードルになっているけど、タンクはそのまま使ったんだね。
IMG_1426.jpg

当時のホンダは丸にウイング・マークのデザインだった。ゴム製のニーグリップといい、クラッチレバーのエンドにカバーされたエンドキャップといい、丁寧に作られている。
IMG_1427.jpg

一体型の回転・速度計。これ以前のCB72・CB77の造形を使ったのだろうが、回転計と速度計の針のまわり方が違っている。両方共、下が0で速度計は左回りに針を上げていったがこのCBになってからは同じ回転方向になった。多分距離計は実距離数ではないかな?
IMG_1430.jpg

(ガソリンタンク・キャップに鍵のない)のどかな時代もかつては日本に存在したのだよ(笑)。
IMG_1431.jpg

後ろからの佇まい。ハンドルはもう少しアップ・ハンドルが標準だった気がする。
IMG_1432.jpg

CL350 [bike]

近所の路地に止まっていた、ホンダCL350。1969~1970年くらいの生産だと思う。当時でもトライアル、モトクロス、の競技を演る人はやっていたけれど、専用のマシンは発売されてはおらず、林道を走る人、田舎道しか走れない人(僕はこのカテゴリーに該当する)はCL、舗装路を走ることができる人(当時の新潟は舗装道路そのものが少なかったの)はCBとおおまかに分かれていた。確かに田舎道をある程度の速度で走るには、このバー付きのアップハンドルとアップマフラーは最適だった。
IMG_1403.jpg

ほぼ、45年、半世紀近く前のことなので、記憶が正しいかは確信がないが、そしてそれはCBの方かもしれないが、このブルーとレッドがあった様な気がする。それまでの黒とメッキのカラーリングから一気にファッショナブルになった。最初はCB350エキスポートとネーミングされていたので(CLの方も)輸出専用のカラーリングだったのかもしれない。僕は、このデザインとこの軽いブルーのカラーリングが、性能よりなによりも好きだった(笑)。
IMG_1406.jpg

ウインカーが以前の小さなタイプから、安全性の向上を謳って大型化されたのはこの年辺りだったかな?ミッションはCBがリターン式、CLがロータリー式だった。これは排気量にかかわらずそうだった(様な)気がする。
IMG_1408.jpg

距離計の25862Kmは実走行距離だろうか? モーターサイクルの走行距離は車に比べると短く、特に北国では雪と寒さの季節は屋内に仕舞いこむため、少ない。僕の高校時代では通学に使っていたが年間1000キロだった。回転計のレッドゾーンの変色が少ないね。このモーターサイクルも45年も経てはいるが、状態の良さから、しまわれていた期間が長かったのではと思う。
IMG_1410.jpg

すべてのガスケット関係の不良を示す、オイル漏れの跡。ホンダの部品管理の良さは定評があるが、今でも細かいPartsまで供給可能なのだろうか? 気になる。ガソリンタンクは塗り替えられたかもしれないね。ネットで調べると、現在のこの車種の取引価格は60~80万円だった。
IMG_1404.jpg

今日の一台。DUCATI S4R再び。 [bike]

日常にかまけて、プログをアップしなかったら、なんだか広告が表示されそうな自分のブログの現状を変えようと急いで記事をアップします。だって日常のほうが面白いんだもの。

去年の11月25日にブログに乗っけたDUCATI S4R(その記事は→ココです)の右側。先回は反対向きに駐輪してあったので撮ることができなかった。こちら側はエキゾーストパイプが這い回されているので美術的には面白いと思う。
1.IMG_1352.jpg

前輪の倒立サスに取り付けられたブレンボ。ディスクプレートは現代では標準かもしれないけど、昔日のライダーの僕の目には大経に映る。
2.IMG_1357.jpg

カーボン製のカムカバー。形が本当に面白い。機械的な必然かも知れないが。クラッチは乾式かぁ~。
3.IMG_1354.jpg

機械の要素が組み合わされて現代絵画にも通ずる美があると思う。まあ、勝手な思い込み(笑)。
4.IMG_1353.jpg

ぬめぬめした曲線と、それを断ち切る直線が面白い。
5.IMG_1355.jpg

サイクル・モード2015に行ってきた。 [bike]

今年もサイクル・モードが幕張メッセで開催されているので友人二人と見に行った。しかし往年の華やかさはどこへやら、寂しい限りの展示であった。大手の完成車メーカーが出品していないんですよ。もうこれは終わりかもしれないと想わせる雰囲気は、MacEXPOが無くなる前年のMacEXPOの会場の雰囲気に似ている。全盛期はこんなふうだったのに……その1 その2 その3 その4 

その中で一人、気を吐いていたのは、DE ROSA。ここはメーカーの展示ではなくて輸入商社ではないかと思えるのだが。自転車そのものは洗練されていることを除けば従来どおり。新機構も何もない。でもカラーリングだけは素晴らしい。これはレッド・バージョン。
1.DeRo-1.jpg

ブルー、これも綺麗だった。
2.DeRo-2.jpg

グリーンはこれ、グリーンの色を使うのは自転車では珍しいと思いました。
3.DeRo-3.jpg

新機構やアイディアはなにもないのですがデザインは面白いのがありましたよ。自転車の各部分のデザインが面白くて綺麗なのは昔からだけどね。

ハブの部分の造形は複雑になるが(したがって工程が増えるので高額になるのかな?) スポークに、せん断力が働かないので、より合理的なセット方法の造形の面白さ。この方式はもう何年も前から出ていたけどね。
4.Hub.jpg

ディレーラーの歯車部分の軽量化に徹したデザイン。壊れそうなほど細くて繊細な印象。強度のある材料であれば問題がないのだろう。
5.Dley.jpg

ペダルの、なんとなくガンダムを想起させるデザイン。
6.Pedl-1.jpg

その2
7.Pedl-2.jpg

携帯工具のかっこいいデザイン。
8.tool.jpg

セラミック・ボールベアリングの摩擦の少なさの展示。手前の透明の円盤はいつまでも,いつまでも回っていました。
9.Bear.jpg

その会社のロゴ(C U L T)もひと味ちがっていた。
10.rogo.jpg

デザイン的に面白かったシューズ。靴紐に注目。
11.Shoe-1.jpg

回転して締める、プッシュで解除なのでしょうかね?
12.Shoe-2.jpg

自転車のデザイン自体で、面白いと思ったのはこの作品。ハンドルからシートまでの一直線を協調性したデザイン。強度が十分なのかはさておき、面白くて綺麗にまとまっている僕には思えましたよ。
13.tes.jpg

来年はもう、このサイクル・モードという展示会自体が無いかもしれないね。そんな感想を持った一日でした。なんとなく、…諸行無常の響きあり……って文言が脳内に浮かびました。

今日の一台 Kawasaki (多分)Z750FXの(感じのいい)改良車。 [bike]

代々木体育館のプール入り口前に駐輪していたカワサキ Z750FX(じゃないかな?)。ガソリンタンクの見た目はZ1かZ2だと思ったのだけれどカムカバーが四角いのでFXだと思う。もしそうならオリジナルにはガソリンタンクの角張ったものがついていたはずだ。僕もこちらのガソリンタンクの方が好きです。雰囲気(良く)カスタマイズされていたので撮ってみた。
1.IMG_1161.jpg

横からのショット。ノーマルは18インチだったと思ったが17インチのキャスティングホィールに変更されていた。
2.IMG_1176.jpg

フロントサスはノーマルのままだと思えた。ブレーキはブレンボ製に変更し、ブレーキのオイル・ラインもステンレス・メッシュのものに変更、ブレーキのタッチはコレだけでも向上するものね。ブレーキ・ディスクはフルフローティング・ディスク。これは多分オリジナル。このモータサイクルの発売当時には、各社、この方式に切り替え中だったともう定かではないが記憶にある。
3.IMG_1163.jpg

ハンドルも替えてあり、ブリッジで繋いで剛性感を上げている。
4.IMG_1171.jpg

フロントサスのボトムケース同士をつないで歪みを取るのもしっかりとした操舵感が欲しかったのだろうね。エンジンガードにくくりつけられたオイルクーラーへのラインもステンレスメッシュ。フレームに取り付けられたエンジンガードも含めて、自分の好みの運転しやすさ、扱いやすさを求めて、カスタマイズしたように思える。昔ならフォー・イントゥ・ワンと言っていたのだが、サイクロン式の集合マフラーの綺麗に焼けた色を見てください。いい仕事、してますね〜ェ(笑)。
5.IMG_1164.jpg

キャブレターはFCRになっていたが、これは最初からですかね?エアクリーナーを残しているのもオーナーの実利主義のなせる技か?定番のバックステップ。
6.IMG_1165.jpg

リアサスはオーリンスのこれは窒素封入式ですかね?この見事なブルーの色にクラっときたので写真を撮る気になったんですよ。いい色してますね〜ェ(感嘆)。
7.IMG_1167.jpg

リアのスイングアームはアルミのトラス形式のものに変えられていたが、支持する部分は同じなので、こちらの方が、コンベンショナルな、四角いスイングアームよりも強いのでしょうか?それとも、オーナーさんのデザインの好みなのでしょうかね?とりあえずはいい雰囲気なのでiPhoneで撮ってみた。
9.IMG_1168.jpg

今日の一台。CB125S(モト・パリラ風) [bike]

9月28日、東京体育館に行く道すがら、住宅街の一角にコソッと置いてあったCB125S(だと思う)。CB125Sってだけでも珍しいが、それを少し改良して‥‥‥。
1.IMG_1232.jpg

こんな風に、一見、モト・パリラ風に仕立ててあった。CB125Sには僕も一時期に乗っていたので思い出を持っている。あれっギアシフトがロータリー式だったっけ?リターン式だと記憶しているけど1970年代のことなので、もう記憶が定かではないので確かなことは言えないし、モト・パリラの時代の雰囲気に合わせてオーナーさんが変更したのかもしれない。

ホィールは僕の好きなH型アルミホィール。立ち上がり部分のハイトがもう少しあるともっと雰囲気が上がると思う。ハンドル周りは別として、最小限の変更しかしていないと思うが、うまくパリラの雰囲気が出ているのはうまいよねぇ〜。反対側が見たいんだけどね。
2.IMG_1229.jpg

ガソリン・タンクが個性的。横への張り出しに異常感がある。ガソリンタンクは銀のベースに赤いストライプ。おおらかな曲線で構成されているものが多い中で、炎を思わせるストライプはオーナーのセンスか?
3.IMG_1228.jpg

こんなに張り出しているんですよ。
4.IMG_1226.jpg

本来、アップハンドルだったものをスワローハンドルに変更することで、クリップオンにしなくとも低いハンドル位置を実現してますね。小径の計器類も雰囲気です。
5.IMG_1220.jpg

今日の一台。ヤマハ・SR400(BSA風に改良したもの)。 [bike]

9月21日晴。いつものフィットネスクラブに通う道から見える、公道か私道か判断がつかない通路に駐輪してあるモーターサイクル。気になっていたが、今日は思い切って3m踏み込んでiPhoneで撮ってみた。ひょっとすると400ccではなくて500ccかもしれない。良い雰囲気です。
1.IMG-1144.jpg

細部まで丁寧に作り込んでいるよね。突き詰めている感じもしないし。バランスがいいと思いました。ステアリングヘッドは磨き出し。メーターのホルダーもアルミで統一感がある。ハンドルはセパレート・ハンドル。
3.IMG-1159.jpg

後ろから、みた感じも良い。
2.IMG-1158.jpg

ヘッドライトステーも磨き出し。これいいですね。バックミラーをハンドル部分から出すのは、SR400改造派の皆さんは、だいたいやっているね。
4.IMG-1145.jpg

タンクは、皆さんアルミなんだけど、これはアルミに塗装なのかな?それともFRPなのでしょうか?ハンドルを含めた前の部分でオリジナルなのはフォークとドラムブレーキだけだろう。H型のアルミリムで、僕このタイプのリム、好きなんですよ。
5.IMG-1148.jpg

キャブは京浜のCRですかね〜。エアファンネルにフィルターなしで使用していますが、いつもゴミとかは大丈夫なのかなと心配になるんですよ。でも、今までこれが原因でエンジンが壊れたとも聞かないので杞憂なんでしょうか?
6.IMG-1150.jpg

BSAのマークにイギリスの国旗。イギリスのこの時代のモータサイクルが好きなのでしょうね。本来はYAMAHAとエンボスされていたはずのクランクケース部分はどうやってBSAのロゴに変えたのでしょうね?円形に切り取ってはめ込んだのかしら?ステップは後退してセットしてる、オリジナルはこの写真のプレーキペダルの位置にあったはずだ。品良くまとまっていて、なおかつ日常に走っている感じも漂わせている点に、僕は好感を持ちました。
7.IMG-1152.jpg

後方から見ると、スリムな印象が増長される。ウインカー(この言い方も古いか?)もCB72タイプの小型の物に変更してあった。
8.IMG-1160.jpg

タイヤはTT100かな?僕もこのタイヤに乗ったことあるけど、倒れこみが早いという印象があったね、当時。今でも生産されているのでしょうか?

秋のこの時期はモーターサイクルに乗っていると突然、金木犀の香りの中に突っ込んだりして気分がいいんだよね。

今日の一台、DUCATI Monster (たぶん)S4R [bike]

いつものフィットネスクラブに通う道すがら、目に付いたDUCATI Monster (水冷なのでたぶん)S4Rじゃないかな。写真で見たよりも意外とコンパクト。エンジン下部のオイルクーラーが車体のカウリングのカーブに合わせて湾曲してあるのが興味深かった。そこまでデザインを合わせたのかな?
ducati_0952.jpg

エンジン下に排気のチャンバーというか膨張室を設けるのはこの頃のテレンドか?各バイクでよく見かける。吸気系はこの頃ではインジェクションなのかもしれない。側から見ると、中心部に重心を集めようとの意図がよくわかる、エンジンやフレームの構成の成り立ちから考えて元来モーターサイクルにはそれが当たり前だけれど、ますますその傾向が強くなっていると思う。
ducati-0954.jpg

跨ったらきっと幅は狭く感じるんじゃないか?足つき性は良さそうな。写真左側に見える金色の部分を見ると油圧クラッチらしいね。想像するだけだから、当たっていないかもしれないが。
ducati_0956.jpg

片持ちのリア・スイング・アームはチェーンの取り回しや剛性確保のためか、複雑な形状をしているね。ネジの緩み止めのワイヤリングが泣かせる。
ducati_0958.jpg

この車種はノーマルではストレートに近いアップハンドルが標準だと思っていたので、この車体のセパレート・ハンドルは改造してあるのかもかもしれない、が、よく似合っている。計器類も流行りのデジタルではなくて昔のメーターが付いていた。
ducati_0959.jpg

僕がネットでよく見ているMotoRIDEの記事に “ また S2/4RシリーズにはS4Rという水冷エンジンの選択肢もあるが、こちらはついこの前までトップカテゴリーだった999シリーズのエンジンを搭載している。そのため130馬力を超えるパワーを持ち、そのポテンシャルを使いこなせるのは相当の手練になることだろう。”とあったのでオーナーはかなりの飛ばし屋であるかもしれない、なんてね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。