So-net無料ブログ作成

恐るべき百金ショップ。 [tool]

原宿、竹下口にあるダイソーは、僕にとって最も近い100金ショップで、竹下口から乗る時にたまには店内に入り商品を探検(←探検という言葉がぴったりと思うが)する。今日見つけたのは、この一品。メモ・スタンド。キーボードで作業する時に資料を立て掛けておくためのものです。3個入って100円。メイド・イン・ジャパンの表示に惹かれる。(笑)。
IMG_0105.jpg

一枚の紙でも自立します。A4のサイズまで使用でき、角度は可変です。表面の少しのRが紙を自立させる仕組み。こんな風に使います。
IMG_0107.jpg

使って、見ると便利ですよ、これ。恐るべき100金ショップ。ついでに見回したらプリンタの替えインクもあった。
IMG_0102.jpg

価格は魅力的だが品質に問題はないのだろうか?この間の中国でiPhoneの純正ではない充電器を使用中に感電死したキャビンアテンダントがいたことを思い出し、今回はインクはパスした(笑)。人件費が安いだけの価格の安さなら、納得出来るが、設計や品質を落としての安さなら、安心出来ないネ。でもそれを確かめる術がないのだけれどね。

名は体を表す? [tool]

11月14日晴れ 

東急ハンズで見かけた、なんと言うか、コインを数える用具。雑貨店を営んでいた実家ではおなじみの道具だ。毎晩、父母がその日の売上チェック時に使用していた。
engels-2.jpg
商品名はエンゲルス(笑)。
engels-1.jpg
ただ単に硬貨をカウントするための道具になんと大げさなネーミング(笑)。 他にもこんなのがある。
moneykeeper-2.jpg
前のエンゲルスに比べると、明るいしなんだか軽い感じがある。名前は…コインーキーパー。
moneykeeper-1.jpg
名前の感じでは、アメリカ製とドイツ製の違いくらいある感じだが、デザインもなんだか、その通りなのが面白かった。皆さん、どちらを選ぶのだろうか、好みの差を知りたかったが、まぁどうでも良い事には違いない。



Mac分解用ツール [tool]

9月4日晴れ  これは欲しいぞ!

Windowsを使用の皆様には関係ないが、ネットでこれを見つけた。ツール大好き人間としてはこれは欲しくなった。大体これで分解できるので。と言うよりこれがないと分解できない事が多い。
img58482434.jpg
買うかもしれない、予感がする(笑)。販売元は下記のURL。
http://item.rakuten.co.jp/donchan-shop/4711552151527/?scid=af_ich_link_urltxt_pc

言葉の力。 [tool]

9月4日

ブログのタイトルにtextより……とあるので言葉を軽視していると思っている人もいるかもしれないけど、そんな事はなくて、常々、言葉ってずいぶんと力があるなと思い知らされている。しかし、この頃の、新聞や、政府の発表する文などには、人を動かす力が少なくなっているなと感じる。僕は、そのような公用の文(?)より、むしろ普通の説明文などに力を感じる事が多くなってきた。極めて、個人的な感覚だが、この間はAmazonに掲載されていた下の商品のレビューにぐらっと来た。

41gDjurLkhL._SL500_AA300_.jpg

ーーーーー以下Amazonのレビュー記事からの転記です。ーーーーー

● By ショット

山屋にとってナイフの選択肢は限られる。
例えば旧型のソルジャーのようなアルミハンドルは冬山では使い物にならない。
万が一、素手で触ると皮膚に貼りつく可能性があるからだ。
又、ストレートエッジも役に立たない。
低温下では「ザイル」どころか「鮭の切り身」ですら切断出来ない。
更に、手袋で使う場合、ネイルマークは刃を出す事も出来ない。
なので「セレーションエッジ」「樹脂ハンドル」「サムホール」の三点は必要不可欠。
それらを踏まえ、このデュアルプロは当然「合格」。
しかもシビリアンタイプ(内フック型)を搭載している。
シビリアンは凍ったザイルを一発で切断出来るスグレモノ!
冬山に登る方には最高の逸品だと思います。

PS…シビリアンはナイフに寛容なアメリカでも販売規制がかかるほど
   危険性の高いナイフです。なのでそれらを踏まえて購入しましょうね!

ーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーーーー
必要・充分そして簡潔な文・経験から得た教訓を入れて、ツールとしての有用性をアピールしている。いいね!



何でも、直せそうなドライバー  Powerful-PETE [tool]

出がけにメールボックスの扉の部分のネジが緩んでいて外れそうになっていたので、増し締めした。その時に使った工具。パワフル・ペテ。大きさは直径4㎝だ。これに鎖が付く。
DSC02520.jpg
今も売っているのかは分からないが、もう25年以上前に、どこで買ったかも分からない携帯用のドライバーです。買ったのは、おおかた東急ハンズ当たりだと思うが。4種類の大きさのネジに対応してるが、(能書きにはほとんどすべてのネジにと書いてあるが)性能はほめられたものではなくて、あまり役に立たない、というか、ねじ山をつぶしかねないので、本当は使いたくないが、急場には役に立つので、キーにつけてある。ネジ部分が円周に合わせて弧の一部分なのでネジにぴったり合わずに山を壊してしまうのだ。ここが一直線だとずいぶん違うのだが。このような製品は今日では、中国製が主流で、百円均一ショップで売っていそうだが、まだ、ダイソー辺りでは見た事がない。
DSC02517.jpg
裏面は(表面かもしれないが)こんなイラストが描いてある。困った事ならお任せください、みたいな。両面ともに、現在のイラストにはない味がある。ポパイの影響があるのかもしれない。Maid in U・S・A も現在では珍しい。このツールの存在を知ったのは42年前の大学生の頃である。K-n君がアメリカから親の転勤と共に日本に帰ってきた時に持っていた。どこにでもあると彼は言っていたが、探しても当時はなかった。探し方が悪かったかもしれない。手に入れたのは相当、時を経て、東急ハンズなどのDIYな店が出来はじめてからである。全体の形やイラストが気に入っているし、これを持っているとなんだかトラブルにあっても解決できる気がするので(もちろん思い込みですよ、思い込み)今でも持っている。