So-net無料ブログ作成
検索選択

THAI BINHベイクド・ココナツ・クラッカー。 [食べ物]

今年も年下の友人S君は、恒例の遅い夏休みを取ってタイorベトナム(?←しっかりと聞かなかったのでうろ覚えである。)へと出かけた。もちろんお土産を買ってきた。ちょうど僕が時間が取れずに、受け取りがのびのびになっていたが、先日、時間が合ったので受け取ることが出来た。多謝、いつものように、現地の生活がわかるものとのリクエスト通りの、フォーと下の写真のものをもらった。
IMG_0969.jpg

THAI BINHベイクド・ココナツ・クラッカー。味はココナツ味(笑)←当たり前か。クセも少なく、トーハトのココナツサブレのような味。ただ欠点が一つ。硬いので、僕達夫婦みたいな老齢者にはかたいのである。注意深く食べることにした(笑)。S君の、先回のお土産は→ココ。これも、良かったです。S君ありがとう。

ギリシャのチョコレート。 [食べ物]

ギリシャ旅行から帰ってきた姉から貰ったミルクチョコレート(のラベル)。I♡ Greece.まあお土産用のチョコレートである。お土産と言う言葉のlevelを出ないちょっと、洗練されていない感じを狙ったのかな?味も、パッケージもそれしか出来ないのかしれないけど(笑)。チョコレートなら何でも良い僕としては嬉しかった。味は昔のハーシー・チョコレートに似ていてなつかしかった。
img267.jpg

ロシアのチョコ。 [食べ物]

プールでの子供たちが夏休みを終えて、戻ってきた。その内の1人がロシア製のチョコレートをお土産にくれた。彼のお母さんはロシア人で夏休みには、いつも里帰りするらしい。この包装紙に包まれていたチョコレートは僕にとっては咳き込むほど甘く、そのフレーバーは何となくロシアの森を思わせるものだった。包装紙の(たぶん)女の子が面白かったので画像に撮って見た。
RussiaChoco.jpg

マーライオンのチョコレート。 [食べ物]

8月23日一時小雨

知人がシンガポール旅行してきてお土産を貰った。マーライオンの形をしたアーモンド・チョコレートパッケージの表面がくりぬかれ写真部分は下のはがき部分が覗いている訳だ。
IMG_0840.jpg

シンガポールの町中は東京よりキレイだったと言っていたが、チェックも厳しかったといっていた。チョコのマーライオンはこんな形で味は特に変ってはいなかった、普通のミルクチョコレート。チョコ好きの僕は何でもチョコレートなら嬉しいのでこのようなお土産は大歓迎である。
IMG_0843.jpg

デス・ノートならぬデス・ソース(ブレアーズ:デス・ソース) [食べ物]

先日、青山peacockの地下の食料品売り場を歩いていたら目に付いたソース。近頃このpeacocksでは、何を考えたか、ソースやその他のエスニック風調味料類を多く置く様になった。インドネシアやタイのソースも豊富だ。このデス・ソースは、今まで気がつかなかったが、インドネシアのABCチリソースを補充に来て見つけた。コスタリカ産のハバネロ主体のソースらしい。イカにも辛そうでドクロのキーリングがおまけとして付いていたがソースの名前にふさわしいと思った。
IMG_0828.jpg

以下の写真の通りに、辛さの度合いにより価格はアップする。辛いのではと恐れをなして、購入したのは、1番マイルドだと書いてあったブレアーズ・オリジナル・デス・ソース。辛さはタバスコの2倍くらいかな?味はタバスコとは別種でABCのチリ・ソースと混ぜると美味かった。
IMG_0824.jpg

オリジナル・デス→ サルサ・デス→ アフター・デス→ サドン・デスと辛さはアップする。サドン・デスはどんな辛さなんだろうか?食べると突然死したりして(笑)。

チョコレートに最良の日。 [食べ物]

4月28日晴れ

旅行好き独身貴族”S君からグァム土産をもらった。あれっ,先月だったか,先々月だったか、韓国に行かなかったけ? また,また、海外旅行に行って来たらしい。おみやげはHAFA ADAIのマカデミア・ナッツ・チョコレート。パラダイスアイランドと書いてあったので,すっかり気分は南の島。チョコレートならば何でも好きな僕としては、あまっとろい感じの南の島を思わせるこーゆー味も大好きだ。
IMG_0681.jpg

しかし、これが南の島で作られていると考えたあなたは,僕も含めて,世情に疎い人です。裏には Premium Quality Chocolate Product of Chinaと、しっかりと書いてあった(笑)。さすがに世界の工場と自慢するだけの事はある。

同じ日に,フィットネスクラブのプールの会員のお姉さん(僕がお姉さんと呼ぶのは僕よりも相当,年上だからです。)から,同じくチョコレートをいただいた。なんという幸運。今日は,チョコレートの特異日か(笑)?
IMG_0683.jpg

こちらは,(僕は知らなかったが)神戸のMon Loire(モン・ロワール)のリーフ・メモリーと言うチョコレート。これもおいしかった。包みを開けると……。
IMG_0684.jpg

このように7枚のそれぞれに3種類の味の違う葉状のチョコレートが出てくる。味はとっても上品な感じ。

旬の食べ物“新ザーサイ” [食べ物]

4月4日曇り後一時雨。
旬の食べ物。新ザーサイの漬物がやっと店頭に並んだ。漬物屋の店頭にフレッシュなザーサイ発売”とキャッチフレーズが貼ってあった。先の2月の頭にはこの商品は店頭から無くなってしまい,店の女性店主に聞いたら新しく新ザーサイを収穫しない限り店頭には並ばないって事だった。その時に4月になると出てくると言われていたが、そのとおり。僕の育った田舎ではザーサイと言えば桃屋のザーサイしかなかったので、ザーサイって茶色のものだと思っていたら違うんですね。鮮やかな薄緑色なんですね。そんな薄緑色のザーサイを食べたのは,東京メトロ外苑前駅の地上に出てサインの横の中華料理店で食べたのが最初だが,漬物屋さんで売っているとは買う時まで知らなかった。味はその中華料理屋さんで出てくるものと全く同じ。10月に近づくにつれて緑の色は濃くなるが,今の季節の新ザーサイは薄緑色をしている。薄く切って食べる。好みでごま油を少したらすと風味がます。僕はこのまま食べる事にしている。
IMG_0668.jpg

お店は何処にあるか?とか、お値段は?とか、お店の名前は?とかはヒミツ,お・し・え・な・い(笑)。

コンデンス・ミルクへの思い。 [食べ物]

僕の小さい頃は,日本もまだまだ貧しかったのと,都会ではない田舎に住んでいたので,コンデンスミルクが珍しかった。今はチューブ状のポリ容器だが,その当時は小さな小さな缶詰で売られていた。カンズメの蓋部分に穴をあける器具がついておりそれを使って小さな穴をあけて使用していた。その当時からコンデンスミルクは大好きで,大人になったら,嫌という程、イチゴにかけてやろうとは思っていた。しかし,普段はそのような思いは忘れているので,大人になって初期の老人になった現在までに、それを実行した事は無かった。先日,娘が下の写真のコンデンスミルクを持って来た。僕のコンデンスミルク好きを知っているので,これは喜ぶだろうと思い,会社でもらって来たと言っていた。写真の通り,本当にでかい!こんな大きさの(コンデンスミルクの)容器は初めてで,ビックリですよ(笑)。ノーマルの大きさの森永の練乳と較べてみて下さい。実際に見ると写真でみるよりもっと大きく衝撃がある。
IMG_0549.jpg
もちろん,イチゴを食べる時にも使用してみたが,試しにコーヒーに大量に入れてみた。すると……限度を超えてコンデンスミルクを入れると,コーヒーはミルクキャラメルの味になるんですね(笑)。なるほど。

いろはす・リンゴ [食べ物]

この頃、気に入って買っている水。“いろはす・りんご”と“いろはす・みかん”。どちらも美味いけど、リンゴの方の出来が良いのでほとんど“リンゴ”を買ってしまう。フタを開けると“日本のフレーバー技術の勝利!”と叫びたいほど自然なリンゴの香りがする。自然なッて事は、人工的で不自然って事ですけど(笑)ネ。でも“いろはす・りんご”はオススメです。
IMG_0135.jpg

食習慣 [食べ物]

2月15日曇り後雨

青山peacockで売っていたイルカ肉。食習慣の差異には頓着しない方の僕だが、個人的には今日のRussiaの隕石落下ニュースより驚いた。東京地方でこれが見ることが出来るなんて……。
IMG_0063.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。