So-net無料ブログ作成

国立競技場(その25) [建物]

昔の代々木門に当たる方向から撮った。快晴の空の下の国立競技場。この時期の東京の空がこのようだと、僕の故郷の新潟では高い確率で雪が吹雪いている。
“その駐車あなた以外が困っている”の交通標語看板の前に駐車するタクシー達。あっ、非難した写真ではありません。駐車ゾーンも1車線と数えるとすると、ココは3車線あるので、これくらいは気にしないでいいのではないかと僕は思っている。工事の車両はじゃまに感じるかもしれないけど。今年はこれが、最後のUPだと思う。
IMG_2445.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

映画“ブレード・ランナー2049”を見る。 [映画]

実はこの作品は2度見た。1回目はMOVIX亀有でヒラ君と一緒に見た。2回目は一人でTOHOシネマズ渋谷でみた。当たり前かもしれないが渋谷のほうが大勢入っていた。
前作のブレードランナーは好きな映画である。何故いいのか言いにくいが、僕にとっては好きなシーンがいっぱいある映画だ。それの30年後という事で割合期待して観た。ドゥニ・ビルヌーブ監督の作品を以前に2本ほど見ている。ボーダーラインはブログは書きませんでしたが、“灼熱の魂”に対する僕の感想は→ココです。画像は映画.comより転載しました。
4266f56fa9d707d4.jpg

1回目に見た時は下のシーンを見逃した。つい寝落ちして(笑)。始まって比較的すぐだったのですが、だって長いんですもの、すべてのシーンが、テンポも含めて。監督の意図があるのだとは思うが、ココまで長くしなくても良いのではないかと思う。寝落ちしたから言うのではないが……。

下の画像はレプリカントの製造会社を捜査に訪れた時の1シーン。自社の製品のサンプルをこのように展示するのは、その会社の美的センスや考え方を1シーンで表現しようとするにはいい方法だと思う。皆、見事にポーズをとらされているね。それに、男女とも胸幅が厚く、三次元的ないい体をしているね。彫刻的と言ってもいいな。で、このシーンが観たかったのと他にも確かめたかった事もあったので再度観てみた。
640-2.jpg

映像的にはだだっ広い空間の中に何か一つだけある……というパターンが多い。魅力的だが寂しい感じ。そして前作“ブレード・ランナー”が雑多な感じがしたのに対して、今回は雑踏といいその他の装置といい、統一された美意識や、規律を感じる。雑踏の雰囲気に前はアジアを感じたけど、今回は日本を感じた。
640-5.jpg

ココでも同じパターン。寂しい。主人公の“K”を演じるライアン・ゴズリングは寂しい、そしてなんだか情けない男を演じるのにピッタリの雰囲気があるね。実際は筋肉質の肉体といい本人のポテンシャルとは全く違うのであるけれど。そのギャップが“ドライブ”ではちょうどよく表現され、ドライブが面白い映画になった一因だと思う。しかし映像とカメラワークは素晴らしいなぁ。
640.jpg

ジョイ役のアナ・デ・アルマス。美形、かわいい、素晴らしい肢体の持ち主であるけれど、僕は惹かれなかった。2049年の時代の持つ、技術、意識を表現するのにピッタリの役割。
640-4.jpg

ブレードランナーのラブを演ずるシルビア・フークス(もちろんレプリカント。僕は初見参と言うか初認識)と 昔、ショーン・ペンと結婚していたロビン・ライト。かなりきつい女性上司を演じていたが、シャマランの“アンブレイカブル”では家庭のおとなしい主婦を演じていましたけど、僕はこっちのロビンさんのほうが好き(笑)。

前回は人間がブレード・ランナーになってレプリカントを解任(抹殺すること)してましたけど、今回は新型のレプリカントが旧型のレプリカントを解任しているんですよ。えっ じゃ、レプリカントが主役なの?ってそうなんです。今回はレプリカントの一種の自分探しの旅=ピノキオの物語なんですよ。
640-1.jpg

初代ブレード・ランナー(笑) ハリソンフォード。おじいさんになって登場。めんどくさそうな、そして嫌そうな演技が、今回の役にピッタリだね。初回の時はチャラチャラした感じを受けた。ハン・ソロも登場時はそうだったでしょ。若かったんだね。すべての若者は馬鹿者なのか(笑)。でも出てくると、俄然、画面が締まるね。
640-6.jpg

一作目のブレードランナーのほうがいいのは解りきっているが、これもやはり引っかかる一作だと思う。全体を通して寂しい感じ。未来はたそがれているのか?

鍋がグツグツ煮えているシーン、スキャンする場所を指示するシーン、壁を破って飛び出してくるシーンなど、随所に一作目を感じさせる仕掛けが施してあってそれはそれで一作目から見ている僕にとっては楽しい。でも音楽は前作の方が好きだな。

でも、あまり興行成績は上げられないと思う。 現実の世界はとても混沌としている。その中で暗い話を、そして難解な話を、人間は3時間近くも見たくないでしょう?  一言。……長過ぎるって これ。

トレーラーを2つ貼っておきます。




nice!(1)  コメント(1) 

クリスマス・ツリーの氾濫(その2)  [つぶやき]

TREEを探してみた、まずは通っているフィットネスクラブのあるビルの1階のロビーのツリー。ココから始めて見る。
IMG_2411.jpg

通りに出て、通り沿いにあるBMWのショールームの中のTREE
IMG_2412.jpg

そのまた通り沿いの枕のテンピュールのショールームのTREE。
IMG_2413.jpg

そのまた通り沿いのベルギーワッフルのマネケンのレジ横のTREE。
IMG_2414.jpg

この季節には通りを100m歩いただけでこんなにあるねぇ。
nice!(0)  コメント(0) 

クリスマス・ツリーの反乱だ(氾濫の間違いです。) [つぶやき]

書を捨てよ町へ出ようってのは故寺山修司の言葉だが(違うかもしれないけど)その言葉に従って、この時期に街に出ると街はクリスマスツリーの氾濫だ。街だけではない。屋内もだ。いつものフィットネスクラブの入っているビルの1階にも11月末からツリーは出現している。
IMG_2378.jpg

青山通りの新築なったエイベックスビルの前庭にもしつらえてある。
IMG_2407.jpg

もちろんショーウインドウのディスプレイにも……。これはエイベックスから4軒隣のFrancfrancのディスプレイ。
IMG_2409.jpg

探せば、そして気が乗れば他にも写せるかもしれないね。
nice!(1)  コメント(0) 

映画“イット”を見る。 [映画]

12月の18日銀座 丸の内TOEIで映画部?の3人で見た。映画部ってのをO林君が作ったんですよ。高校の部活みたいに(笑)。スクリーン2 定員350人乗席の中8人の観客。自由に席を移動してみた。画像は映画.comから転載しました。
3ac6bfdba41a0a3e.jpg

個人的には今年見た中での一番の駄作だった。僕がホラーが嫌いなこともあったが、あからさまに怖がらせようとの作り方があざとい。キャッチコピーに“それが見えたら終わり”とあったが……。初盤にそれは現れる。
640-2.jpg

えっ、終わりですか?って感じ。スティーブン・キング 終わったな……。
要約すると……。
① 形を変えたスタンド・バイ・ミーである。
② 子供時の恐怖(おしっこに夜中にトイレにいくのが怖いの類)を忘れられない人のための映画。
③ 画面はきれいで丁寧に作ってるが今日の映画の標準レベル。
④ ちっと怖くない、ただし1箇所だけ音に驚く。
⑤ 怖がらせようとする音楽と映像に10分で慣れてしまう。子供も騙せない。

怖がらせようとするあざとい映像を下にあげます。
640-1.jpg

640-3.jpg

ねっスタンバイミーでしょ。
640.jpg

子役は魅力的だった。アメリカは子役の層が厚いね。実はブレードランナー2049の事を書きたかったんだけれど先に“イット”が書きやすかったんでアップした。



nice!(0)  コメント(1) 

今日の国立競技場(その24) [建物]

12月2日。今日の国立競技場。だいぶ形になってきたね、立ち上がる前は見えていた外苑前の建物はみえなくなった。これから屋根の部分が工事に入るのかな?
IMG_2346.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

国立競技場(その23) [建物]

2017年11月25日の国立競技場。
20171125-1.jpg

下の画像は11月4日のもの。1ヶ月で随分と進むものだなあ。屋根部分に取り掛かるのは年明けか?
20171104.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

今日(10月28日)の国立競技場 (その22) [建物]

第4層まで積み上げられた10月28日の国立競技場。曇だったので暗い雰囲気。こちらの外苑西通り側は2層目までだ。9月時と比べるとずいぶん高くなった
IMG_2266.jpg

第4層まで積み上げられた10月28日の国立競技場。曇だったので暗い雰囲気。こちらの外苑西通り側は2層目までだ。
IMG_2271.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

朝顔につるべ取られてもらい水。 [つぶやき]

朝顔につるべとられて……の現代版。ある会社の駐車場においてあった連絡用と思われる自転車を絡め取った朝顔。
IMG_2237.jpg

会社の人達に、自然を愛でる風情があるのかどうかは分からないが、ちょっとおもしろかったので撮ってみた。自転車のサビ具合とタイヤの空気の抜け具合から見ると、社員の人は関心が無いだけかもしれないね。後付で、人間が事象に意味をあたえるだけかもしれないね、今回の僕みたいに。
IMG_2238.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

映画“エイリアン・コヴェナント”を見る。 [映画]

MOVIX亀有でヒラ君と観た。スクリーン5 定員170人のところに観客12人とゆう、僕にとっては理想的な空き具合(笑)。ひょっとしたら、昨年11月の“ジャック・リーチャー”以来のMOVIX亀有である。ヒラ君と見るSF系の映画はダメダメが多い。そのジンクスに従って今回もダメダメなのであった……が……。画像は映画.comより転載しました。エイリアン“コベナント” 公式サイトは→ここです。 
2f86693dd13db465.jpg

まずは、けなしてみる。これが本当にエイリアンシリーズだとしたらシリーズで最悪の出来だと思う。映像や作り方はいいんだけどね~。お話の作り方とういうか細部がね~ぇ。だって、乗組員が全員ダメダメ人間なんだもの。こんな感情的な、判断力の乏しい人達にこんな大事な使命の宇宙船を預けませんよ。ヒロインにあまり惹かれないのも、プロメテウス以来の新しい伝統か? 新しい伝統? 言葉が矛盾してるなぁ(笑)。伝統になりつつあるってところだね。
640-1.jpg

各所に今までのエイリアン・シリーズやブレード・ランナーの影が見える。リドリー・スコットこれはギャグでやっているのかい?宇宙葬のシーンや、エイリアンとの戦いのシーンは全くの第一作のオマージュでしょ。これでもかとオマージュ満載です。それにこの時代にジョン・デンバーの歌なんて残っていませんよ。
640-3.jpg

薄くなったギーガー感!!! これはエイリアンの宇宙船の内部。ギーガー感が足りないぞ(笑)。
640-2.jpg

やや、色香の落ちたファスペンダー。男も女も、若いってことはそれだけで魅力的なんだねえ~。
640.jpg

上の画像と比べると、華やかさに差が出ている“プロメテウス”時のファスペンダー。
prom-008_large.jpg

ほーそうすると、あのエイリアンはアンドロイド・デビッドがつくったんですね。……そーですか。と白けてしまった。アンドロイドがなんのために作ったんですか? 創造ができることを証明したくてですか? 自分が神になり変わるんですか? 1~4までのエイリアン・シリーズはそんな七面倒臭いのって無かったでしょ。

ひょっとしたら……これはエイリアンのシリーズでは無いのではないか?という考えが頭をもたげる。

プロメテウスから始まる傍流のエイリアンシリーズはマイケル・ファスペンダーのアンドロイドのデビッドの映画になっていたのであった。つまり、リドリー・スコットの考える“人間はどこから来たのか?どこに行くのか”“生命の意味は?”派VSそんな意味なんかないんだよーシステムとして命なんだよ派の対立や葛藤を描きたかったんだと思うんですよ。

それを表現するためにエイリアンを借りてきたけどプロメテウスではあまりエイリアンが出てこないから評価下がったんで今回はエイリアンをいっぱい出した……みたいな映画でした。

こう考えると、これはエイリアンの映画では無いとおもいます、もう別物。“ブレード・ランナー”でも繰り返されていた生命を与えし者VS作られた者の対立のテーマです。そして細かく見ると時制が合わないなぁって矛盾を合わせる作業は次作(もう一作あるそうですから)に期待します。分からせてくださいよ~、スコットさん(笑)。でもなぁ~、エイリアンの神秘性が監督自らぶちこわすんだもんなぁ~。トレーラーを貼っておきます。


nice!(0)  コメント(1) 

いまさらの ローグ・ワン [映画]

1月に見たのですが、つい書くのを忘れていましたので、今になってアップします。考えてみればこれが今年の観劇一作目だった。

僕はスター・ウォーズのファンではないのでそれほど気乗りはしなかったけど、まあ映画好きの嗜みとして(笑)観ました。なんと4DX3Dで。この組合せだと僕はシニア料金なんだけど、それでも2400円する。ココにIMAXでも加わると映画を見る体験としてはとんでもない値段になるね。あんまり高くすると、ネットの見放題に客を取られはしないかと心配になる、僕は映画館で見るのが好きだから。画像は映画.comから転載しました。
1-pos.jpg

第一作目のエピソード4の10分前の物語ですね、映像を含めて出来がいいな~ぁと思います。個人的には歴代スターウォーズの中で一番かも知れない。ファンではない僕はそれほど感動はしないけど。皆死んじゃうというお話の展開も、良いんじゃないかな。王や女王や国などの存続は多くの下世話な者の犠牲によって成り立っているとゆう観点で。
2.torupa.jpg

なんか観たような兵器達。観たようなデザインのロボット。
3.robo.jpg

こんなserviceも。
3.5 service.jpg

座頭市を思わせる人、ドニー・イェン出ていましたよね。存在感ありますね、かっこいいですね、面白いし。でも、僕は、やっぱりこの人(ダースベーダー)が一番かっこいいですね。このキャラは大好きです。この映画の中ではフォース・ライトセーバーを使える人はダーズベーダだけですしね。最後の方での立ち回りは爽快感が有りました。
4.db.jpg

STAR WARSが始まった最初のお話では“フォース”は鍛錬・練習によってのみ獲得できるみたいに描かれていましたが、途中でそれは遺伝の力であるって風になった時点で僕はこの映画に感情移入できなくなったんですよ。たぶん、どこの馬の骨かも分からない親の子供である僕の僻みのせいだと思います。ですので、僕はこの映画(ローグ・ワン)は今まで見たスターウォーズの中で一番感情移入できる映画になりました。

ジョージ・ルーカスさんはこのお話しか作りませんが(実際に作っているのは他の監督ですが) アメリカの小説家J・D・サリンジャーが作家生活の後半はグラス家のお話しか書かなくなったように(サリンジャー死んじゃいましたが)この物語だけ続けるっていうやり方、そうゆう生き方もいいんじゃないかなぁ~と思うこの頃。トレーラーを貼っておきます。




nice!(0)  コメント(0) 

あさがお。 [つぶやき]

タネを撒いただけでなにもしないのだが,今年の天候不順にめげずに咲いた朝顔。坪庭の東西南北に平均して100粒のタネを撒いた。発芽率50%位。地面の場所によっては発芽せず。日当たり最悪の僕の庭ではあるが、来年は苗床で発芽させてから、地面に移植しよう。←当たり前ですね。でも種を蒔きっぱなしでも咲くのですから自然のチカラってすごいね。きれいな(紫っぽい)青が気に入っている。種類は忘れた。タキイとかAmazonで購入した。11月まで咲くので朝顔は好きである。
IMG_2219.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

都会でうごめくブラキオザウルス(国立競技場その21)。 [建物]

外苑前のスタジアム通りから見た国立競技場。このアングルを見るといつも映画“ジュラシック・パーク”でサム・ニールが最初にブラキオザウルスに出会うシーンを思い出す。
IMG_2214.jpg

拡大すると動きまわる姿は鉄でできたブラキオザウルスに見える。そういえば子供の頃は首長の恐竜をプロントザウルスって言っていたけど同じ種類か?
IMG_2216.jpg

以前は今は移動した日本青年館が邪魔をして見ることはできなかったが、完成するとスタジアム通りの正面に国立競技場の姿が見えるわけだ。
nice!(0)  コメント(0) 

今日の国立競技場(その20) [建物]

8月中にピッチを上げて(報道によると過密スケジュールで自殺者が出るほどだったという)工事したせいか、夏の間にスタンドの第1層まで立ち上がった国立競技場。(写真はクリックすると大きくなります)。
IMG_2197.jpg

この拡大写真ではわかりにくいが、工事車両の出入り口などから見ると、だいぶ出来上がった。もうすぐ向こう側のスタンドもこちら側の構造物で見えなくなる。
IMG_2199.jpg
nice!(0)  コメント(0)