So-net無料ブログ作成

スクリーンxを試してみた。 [映画]

2018年1月15日  映画部でスクリーンxを試してみようとユナイテッド・シネマお台場へ皆で出かけた。
3階から全体を俯瞰、正直言って“でかい”と思った。スッキリしていて、広々としていて、リッチで文句を言うところはないが、一つだけ。広すぎて、他のユナイテッド・シネマの映画館に入った時に感じるポップ・コーンの甘い匂いが漂ってこないのだ。匂いが漂ってこないのは良い点の一つだとは思うが小さい頃からの思い出が匂いと共に蘇ってくるものが来ないのがなんとなく個人的に不満点だ(笑)。
1.UC Odaiba-.jpg

今回のスクリーンXはキングスマンがかかっていた。
2.UC SX-CM.jpg

まず トイレ。最新鋭の設備を誇るだけあって きれいだ。
3.UC-toilet.jpg


もちろん、手洗いもDesignされている。
4.UC-Otoilet.jpg

スクリーンxはこんな風に見える。山とか、岬とか、ビル街なんか広がりが欲しいという時は有利だと思った、爽快感もあるし。でも常時じゃないんですね。これがonになるときだけ。それ専用のカメラでないとこれは出来ないのかも。この頃のエフェクトは IMAX、3D、4DX、とあるがそれぞれにオプション料金がかかるので全部入で (IMAX3D4DX) 選んだら、いったいいくらの料金になるのか?そしてそれは観客をひきつけて余りある満足を得ることができるものなのか興味のあるところです。あんまり入場料高いと行かないんじゃない。後、お尻が痛くなった。久しぶりに体験した。ちょっと小さいんじゃないかな現在の基準ではシートが最新鋭の映画館とは思えないほどのチープさだと個人的には思った。。
5.UC screenX.jpg

映画終えて、レインボーブリッジの見える食べ放題のお店で食事した。
6.UC-BF.jpg

何皿か取った後の最後のソフトクリームの前のスイーツの一皿。取り方が女子っぽいと言われた。
7.UC-BF2.jpg

夜景を撮ろうとしている映画部部長。
8.UC-sbt.jpg

外には、自由の女神像が輝いていた。
9.UC-o-view.jpg

僕はジジイなので 2Dで全く問題ないなぁと思いました。なんだか映画ではなくてディズニーランドのアトラクションに行く気分になるので、無理やり4DXや3Dを選ばなくてもOKです(笑)。お財布にも優しいし(笑)。

nice!(1)  コメント(0) 

映画“キングスマン・ゴールデン・サークル”を観る。 [映画]

1月15日 ユナイテッド・CINEMAお台場の16:30分の回で観た。スクリーンx(スクリーン13) 定員180人中観客10~20人の間。個人的に大変良い、好みの望ましい状況である(笑)映画館側はどう考えているかはわからんが。
 スクリーンxは左右の壁もスクリーンに使う方式で広がり感(あるのかそんな言葉)あふれる映像が楽しめる(はず)。 この映画を見た後でキングスマン1をDVDを貸してもらって観た僕の個人的な感想では ゴールデン・サークルはキングスマン1の続編で1を観た人はより楽しめるかというと、そうでもなかった。前篇を観なくとも十分に楽しめますが?ハイ。公式サイトは→ココです。まずはポスター。
2018-01-24 3.58.04.jpg

秘密組織と聞くとスパイか?と思われますが、この映画はスパイ映画ではありません。ダニエル・クレイグがボンドになった最近の007映画は随分とシリアスというかなんか切ない感じになっていて僕は好きなんだけど、ショーン・コネリーのボンドが好みの人達はバカバカしさが足りないとか荒唐無稽感が少ないとか不満があるだろうと思う。バカバカしさならこのキングスマンくらいにやらないといけないよねと思いました。007の正当な継承者かも……。
だいいちこの人達は何か敵国の情報を調べてませんよね。世界を救おうとしている。スパイものじゃなくてヒーロー物だと思いますね。ですからヒーロー物らしいアクション満載です。ただし、エグいのや、人がバンバン殺されるのが嫌な人は観ないほうがいいと思いますよ。下にトレーラーを貼っておきますね。


タロン・エガートン スーツが似合ってきた感じです
n・Garahad-1.jpg

もちろん アクション満載で。
n・Garahad-2.jpg

今回も出てきたコリン・ファース
Garahad1.jpg

彼こそ007が似合うんじゃないだろうか? ただし品行方正な007(笑)。
Garahad2.jpg

マーク・ストロング  いろんな映画に引っ張りだこだね、“裏切りのサーカス”の役も良かったね~。今回は、歌を(ジョン・デンバーのカントリー・ロード)歌ってますが僕が顔から想像していたよりはうまいですね。
MARIN1.jpg

確かに、裏方で確実に動く感じが、彼の雰囲気には、ある。
MARIN2.jpg

敵のボス役演じるジュリアン・ムーア 
popy1.jpg

今回は人肉ハンバーガーを部下に食わせていたが、以前 レクター博士に脳のスープ?脳の料理を食べさせられかけたトラウマかい? UPになるとお顔に細かいシワが目立つけどいい感じで年を取っていると思いました。次期のヘレン・ミレンか?
Popy2.jpg

特別出演のElton John役ででているElton John。Elton Johnって誰っていう若い人もいると思うが 若い時は人気あったんだよ(笑)。若い時もこんな格好のイメージだった。もう70歳位だと思うけどよくやるなあ、割りと出番多し、狂言回し的な役でしたね。敬称“サー”が付く人なのにね、楽しそうにやっていた。
Elton John.jpg

ジェフ・ブリッジス
Champagne1.jpg

そこにいるだけで 醸し出す雰囲気が物語るって役割で出番少ない。でもそこにいて良いなあって思える。
Champagne2.jpg

ペドロ・パスカル 出番多し。
Whisky1.jpg

アクションで大活躍ですが……アップだとかっこいいのに引いて撮るととたんに何バカやってんだ風になるのが’おかしかったです。
Whisky2.jpg

確かにアップだとかっこいいんですよ。
Whisky3.jpg

ハル・ベリー  次回作(あると思うよ)ではもう少し出番が多くなるかも……。
Ginger1.jpg

彼女もアップになるとシワが目立つがジュリアン・ムーア同様にいい年を取っているように見える。この人は僕はどんな役でもなんだか憎めません。
Ginger2.jpg

ジャック・ダベンポート ほんのすこしの出演。
640-17.jpg

チャニング・テイタム のんびりした感じがアメリカ人の役にピッタリ。エグジーより強いという設定。
640-15.jpg

最後にチャニング・テイタムが全く筋に関係ないのに、びしっとスーツ着て表れたところを見ると、次の作品あるいはスピンオフは彼が主役かもしれんね。
この様な大量殺人は嫌いな人もいるとは思いますが、僕は大変に楽しく観ました。友人たちからのキングスマン1も観たほうが良いと言われて、見てみました。両方ともよく出来ていて楽しめる。しかし僅差で、僕は1のほうが好きです。
1. 悪役が可愛い顔して極悪なことをするジュリアン・ムーアと(顔が)悪党なんだけどなんだか憎めないサミュエル・ジャクソンの違い。
2. 大した事がないのだから麻薬の合法化をしてくれと世界を脅迫したジュリアン・ムーアと 人類は地球に着いたウィルスなんだから大量殺人で数を減らそうとし、金持ちや権力者を金で免罪符を与えるごときサミュエル・ジャクソンの犯罪計画の大きさの違い。
3. 前作1の大量殺人におけるポップで大胆な殺戮方法。
4. 強力な手下が2の方は1の強烈さにかなわない。
以上4点の理由で1のほうがより面白く描けていたかなと思いました。この監督“キックアス”の人ですね。道理でテーストが似ているなと思いました。キック・アス好きな人なら全く問題なく観ることが出来ます。

ココからは  まだ観ていない人は見てはだめです。アクション担当の人が最後のアクションのメイキングを語っている。そうやって作ったのか、最後のあれはCGか?スッゴクよく出来ている。ギズモードジャパンからの転載です。

nice!(1)  コメント(0) 

国立競技場(その26) [建物]

1月23日 東京に大雪の降った翌日の国立競技場、まだ雪が残っている、これはいつもの場所。午前中だったので逆光になってしまった。(写真はクリックすると大きくなります。)
IMG_2573.jpg

たまには別の場所から見てみる。順光なんで光が回って細部までよく撮れている。
IMG_2582.jpg

標語とおりに、確かに、地図に残る仕事だろうね。この仕事は。丁度 タクシーが曲がってゆくところだったのでストレッチ・タクシーみたいに映っている。
IMG_2586.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

1月22日 雪 [つぶやき]

朝から降り続く雪、夕方にはフィットネス・クラブ前はこんなになった。
IMG_2566.jpg

IMG_2558.jpg

夜中には降り止んだ。
IMG_2570.jpg

降り止まない雪は無く、開けない夜は無い。
nice!(1)  コメント(0) 

東郷神社に散歩する。 [神社・仏閣・塚]

家にこもっていることが多かったので、少し体を動かそうと散歩に出る。途中のパレ・フランセの(跡地に建った)ビル。随分とほって置かれたがやっと完成を観た。視線を下げて……。
IMG_2494.jpg

上の写真の足元。
IMG_2495.jpg

上の写真の右横に……。
IMG_2496.jpg

東郷神社入り口がある。
IMG_2497.jpg

明治通り側の東郷神社入り口、パノラマで撮ってみた。(写真はクリックすると大きくなります)
IMG_2498.jpg

参道を登っていくと見守る狛犬に会う。東郷神社の狛犬はモダンなDesignだ。
IMG_2502.jpg

誰か結婚式だ、お幸せに!
IMG_2499.jpg

東郷神社を抜けると朝から混雑の竹下通り、この頃は外国からの観光客が多いね。
IMG_2505.jpg

最近、改装され動線がスムーズになったダイソー、ドン・キホーテのようなごちゃごちゃ感が無くなってつまんない。しじみスープ108円を買って帰った。
IMG_2504.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

雪国の晴天時の美しさは筆舌に尽くしがたい(と思う)。 [つぶやき]

東京が下のような晴天の時……
IMG_1738.jpg

上越山脈を隔てた新潟はだいたいこんな天気になる。
IMG_1735.jpg

これは、同じ時間にLineで連絡とり合っていた新潟の友人が送って来た画像です。この日は渋滞で車が動かず、駐車場の積雪で駐車する事もできずに、職場にいかず途中でUターンし帰宅したそうだ。しかし、帰宅時に……
IMG_2487.jpg

一時的に、突然、快晴になりこの様な景色になった。こうなった時の、気分の良さと美しさは僕には文で描写できない。前方に見える山の麓に僕は育った。
nice!(0)  コメント(0) 

豆苗の二番煎じ。 [つぶやき]

豆苗が好きで中華料理店で大概は注文する。各店によって種類が違うが、好きなのは茎が長く伸びたタイプの豆苗である。そのタイプの豆苗を購入した。茎から切って食べたのだが、説明文に残った芽を水に浸しておくとまた発芽し、2週間ほどで収穫できるとあった。そうしてみた。下の画像は1週間後の映像です。
IMG_2479.jpg

すごい繁殖力だなあと思った。そして……。
IMG_2486.jpg

食べてみた(笑)。味は、僕の粗忽な舌では購入時と変わらなかった。現在、3回目の芽が出てくるのか実験中。でてきたら改めて植物の繁殖力はすごいなと思うのだろうね。
nice!(1)  コメント(0) 

映画(DVD)“ジョー・ブラックをよろしく”を見る。 [映画]

2018-01-13 晴れ
クリスマス前から続いていた仕事に時間を取られる時期(毎日 仕事→ゴハン→仕事→ゴハンの繰り返しだった)も終わり、久しぶりに渋谷ブックオフ(今ではヤフーOffになっているが)に行ってみた。2階にはDVDコーナーが有り、その一角に500円以下で売られているコーナーが有る。
IMG_2482.jpg

この中で映画館で見逃した作品を探して手に入れていた。今日の獲物はこれ。250円だった。他には、“Matrix・Revolution” 108円ってのもあった。
IMG_2483.jpg

家に帰ってから見てみた。3時間かかった、こんなに長かったっけ?この作品。ケーブルTVで見た時は2時間位だったような。その時はあまり良い印象は無かったが、今回のこのバージョンでは面白かった。端折っていた所にエッセンスがあったのかもしれない。ブラビも若いし、ブラビのアイドル映画として作ったのかな当時は。mainの3人共に首から上のショットが多い。目だけで演技していたり、なかなか面白かった。ちょっと再認識した。
nice!(0)  コメント(0) 

謹賀新年 [つぶやき]

今年の1回目のアップです。
あけましておめでとうございます。
Web-1.jpg
nice!(1)  コメント(1) 

国立競技場(その25) [建物]

昔の代々木門に当たる方向から撮った。快晴の空の下の国立競技場。この時期の東京の空がこのようだと、僕の故郷の新潟では高い確率で雪が吹雪いている。
“その駐車あなた以外が困っている”の交通標語看板の前に駐車するタクシー達。あっ、非難した写真ではありません。駐車ゾーンも1車線と数えるとすると、ココは3車線あるので、これくらいは気にしないでいいのではないかと僕は思っている。工事の車両はじゃまに感じるかもしれないけど。今年はこれが、最後のUPだと思う。
IMG_2445.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

映画“ブレード・ランナー2049”を見る。 [映画]

実はこの作品は2度見た。1回目はMOVIX亀有でヒラ君と一緒に見た。2回目は一人でTOHOシネマズ渋谷でみた。当たり前かもしれないが渋谷のほうが大勢入っていた。
前作のブレードランナーは好きな映画である。何故いいのか言いにくいが、僕にとっては好きなシーンがいっぱいある映画だ。それの30年後という事で割合期待して観た。ドゥニ・ビルヌーブ監督の作品を以前に2本ほど見ている。ボーダーラインはブログは書きませんでしたが、“灼熱の魂”に対する僕の感想は→ココです。画像は映画.comより転載しました。
4266f56fa9d707d4.jpg

1回目に見た時は下のシーンを見逃した。つい寝落ちして(笑)。始まって比較的すぐだったのですが、だって長いんですもの、すべてのシーンが、テンポも含めて。監督の意図があるのだとは思うが、ココまで長くしなくても良いのではないかと思う。寝落ちしたから言うのではないが……。

下の画像はレプリカントの製造会社を捜査に訪れた時の1シーン。自社の製品のサンプルをこのように展示するのは、その会社の美的センスや考え方を1シーンで表現しようとするにはいい方法だと思う。皆、見事にポーズをとらされているね。それに、男女とも胸幅が厚く、三次元的ないい体をしているね。彫刻的と言ってもいいな。で、このシーンが観たかったのと他にも確かめたかった事もあったので再度観てみた。
640-2.jpg

映像的にはだだっ広い空間の中に何か一つだけある……というパターンが多い。魅力的だが寂しい感じ。そして前作“ブレード・ランナー”が雑多な感じがしたのに対して、今回は雑踏といいその他の装置といい、統一された美意識や、規律を感じる。雑踏の雰囲気に前はアジアを感じたけど、今回は日本を感じた。
640-5.jpg

ココでも同じパターン。寂しい。主人公の“K”を演じるライアン・ゴズリングは寂しい、そしてなんだか情けない男を演じるのにピッタリの雰囲気があるね。実際は筋肉質の肉体といい本人のポテンシャルとは全く違うのであるけれど。そのギャップが“ドライブ”ではちょうどよく表現され、ドライブが面白い映画になった一因だと思う。しかし映像とカメラワークは素晴らしいなぁ。
640.jpg

ジョイ役のアナ・デ・アルマス。美形、かわいい、素晴らしい肢体の持ち主であるけれど、僕は惹かれなかった。2049年の時代の持つ、技術、意識を表現するのにピッタリの役割。
640-4.jpg

ブレードランナーのラブを演ずるシルビア・フークス(もちろんレプリカント。僕は初見参と言うか初認識)と 昔、ショーン・ペンと結婚していたロビン・ライト。かなりきつい女性上司を演じていたが、シャマランの“アンブレイカブル”では家庭のおとなしい主婦を演じていましたけど、僕はこっちのロビンさんのほうが好き(笑)。

前回は人間がブレード・ランナーになってレプリカントを解任(抹殺すること)してましたけど、今回は新型のレプリカントが旧型のレプリカントを解任しているんですよ。えっ じゃ、レプリカントが主役なの?ってそうなんです。今回はレプリカントの一種の自分探しの旅=ピノキオの物語なんですよ。
640-1.jpg

初代ブレード・ランナー(笑) ハリソンフォード。おじいさんになって登場。めんどくさそうな、そして嫌そうな演技が、今回の役にピッタリだね。初回の時はチャラチャラした感じを受けた。ハン・ソロも登場時はそうだったでしょ。若かったんだね。すべての若者は馬鹿者なのか(笑)。でも出てくると、俄然、画面が締まるね。
640-6.jpg

一作目のブレードランナーのほうがいいのは解りきっているが、これもやはり引っかかる一作だと思う。全体を通して寂しい感じ。未来はたそがれているのか?

鍋がグツグツ煮えているシーン、スキャンする場所を指示するシーン、壁を破って飛び出してくるシーンなど、随所に一作目を感じさせる仕掛けが施してあってそれはそれで一作目から見ている僕にとっては楽しい。でも音楽は前作の方が好きだな。

でも、あまり興行成績は上げられないと思う。 現実の世界はとても混沌としている。その中で暗い話を、そして難解な話を、人間は3時間近くも見たくないでしょう?  一言。……長過ぎるって これ。

トレーラーを2つ貼っておきます。




nice!(1)  コメント(1) 

クリスマス・ツリーの氾濫(その2)  [つぶやき]

TREEを探してみた、まずは通っているフィットネスクラブのあるビルの1階のロビーのツリー。ココから始めて見る。
IMG_2411.jpg

通りに出て、通り沿いにあるBMWのショールームの中のTREE
IMG_2412.jpg

そのまた通り沿いの枕のテンピュールのショールームのTREE。
IMG_2413.jpg

そのまた通り沿いのベルギーワッフルのマネケンのレジ横のTREE。
IMG_2414.jpg

この季節には通りを100m歩いただけでこんなにあるねぇ。
nice!(0)  コメント(0) 

クリスマス・ツリーの反乱だ(氾濫の間違いです。) [つぶやき]

書を捨てよ町へ出ようってのは故寺山修司の言葉だが(違うかもしれないけど)その言葉に従って、この時期に街に出ると街はクリスマスツリーの氾濫だ。街だけではない。屋内もだ。いつものフィットネスクラブの入っているビルの1階にも11月末からツリーは出現している。
IMG_2378.jpg

青山通りの新築なったエイベックスビルの前庭にもしつらえてある。
IMG_2407.jpg

もちろんショーウインドウのディスプレイにも……。これはエイベックスから4軒隣のFrancfrancのディスプレイ。
IMG_2409.jpg

探せば、そして気が乗れば他にも写せるかもしれないね。
nice!(1)  コメント(0) 

映画“イット”を見る。 [映画]

12月の18日銀座 丸の内TOEIで映画部?の3人で見た。映画部ってのをO林君が作ったんですよ。高校の部活みたいに(笑)。スクリーン2 定員350人乗席の中8人の観客。自由に席を移動してみた。画像は映画.comから転載しました。
3ac6bfdba41a0a3e.jpg

個人的には今年見た中での一番の駄作だった。僕がホラーが嫌いなこともあったが、あからさまに怖がらせようとの作り方があざとい。キャッチコピーに“それが見えたら終わり”とあったが……。初盤にそれは現れる。
640-2.jpg

えっ、終わりですか?って感じ。スティーブン・キング 終わったな……。
要約すると……。
① 形を変えたスタンド・バイ・ミーである。
② 子供時の恐怖(おしっこに夜中にトイレにいくのが怖いの類)を忘れられない人のための映画。
③ 画面はきれいで丁寧に作ってるが今日の映画の標準レベル。
④ ちっと怖くない、ただし1箇所だけ音に驚く。
⑤ 怖がらせようとする音楽と映像に10分で慣れてしまう。子供も騙せない。

怖がらせようとするあざとい映像を下にあげます。
640-1.jpg

640-3.jpg

ねっスタンバイミーでしょ。
640.jpg

子役は魅力的だった。アメリカは子役の層が厚いね。実はブレードランナー2049の事を書きたかったんだけれど先に“イット”が書きやすかったんでアップした。



nice!(0)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。