So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の14件 | -

映画“スチィール・サンダー”を見る。 [映画]

近頃の暑さは異常で、特に湿気に弱い僕としては、へたる。なんとかスカッとしたいと思い、ヴァン・ダム映画に出かけることにする。“スティール・サンダー” 今の所 全国で2館しか上映しない、大変コアな(笑)映画である。東京では、ヒューマン・トラストシネマ渋谷だけで、夜の9時近く 一日一回だけ 一週間だけ上映していた。“だけ”の三連発である。8月2日、夜9:00の回でみた。スクリーン・2は173人の収容能力があるが、そこに15人位20人はいない。中に唯一人、女性が。ヴァン・ダムのファンだろうか? 後は男だけ(笑)。公式サイトは→ココです。画像は映画.comから転載しました。
c90b68ceab23584d.jpg

潜水艦の収容所から、ドルフ・ラングレンとジャン・クロード・ヴァン・ダムが脱出する映画です。女性2人以外は全員男。男だらけ、館内も(笑)。単純、明快な筋。銃撃戦ではヒーローである2人には弾は当たらない、都合のいい話です。しかし、あまりにもお話が単純すぎてつまんない。ドルフ・ラングレンの出番が少ない。一番かっこいいのは、最後のシーンのドルフ・ラングレンですね。“最強タッグ結成25周年”のために作った映画なのでこのふたりがでてくればOKなんですが、あまりにも人物の掘り下げがない。気持ちいいくらい(笑)。似たような話は2014年のシルベスタ・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーの共演した 日本名“大脱出”のほうが膨らみがあって、まだまだ感銘を少しだが受ける。特に脇役の、人物描写が良かった。
でも、“スティール・サンダー”はそれがないんです。そこを期待しちゃいけません。上下のポスター見比べても“大脱出”みたいなのを作ろうと思って作っったんじゃないの?と邪推する。絵柄とお話が丸かぶりですもん。スタローンとシュワルツェネッガー組とラングレンとヴァン・ダム組では知名度・セレブ度・資金力が違うということが映画見るとわかります。
81hv-pckAKL._SL1441_.jpg

この両方の映画に共通して言えることは、捉えられて拷問するシーンなんかが出てくるのですが、年をとっても、皆さんマッチョなんですが、なんだかお爺ちゃんいじめているような感じになって、ちょっとまずいかなと思いました。若かったら、こういうシーンでなんとも思わないんですけどね。まあ、僕も爺いになっちゃったわけですが(笑)。暑い中を行ったせいか、下のうちわが入場記念品でした。こんなんもらうと、お前は、好き者、変わり者だと烙印を押された気分だわ(笑)。
utiwa.jpg

取り立てて見に行く必要のない映画ですよね。金曜洋画劇場とかに、ピッタリの作品。まー見る人も少ないと思いますが、一応の参考までに、トレーラーヲ貼っておきます。

nice!(0)  コメント(0) 

映画“あの胸にもう一度”を見る。 [映画]

2018-07-21 50年ぶりに1周間の期限付きで映画館にかかるというので、レイトショーだけど見にいった。ヒューマン・トラスト・シネマ渋谷の8:45分からの回で見た。観客は30人くらいかな。最初にトークショーがあり、この作品にインスパイアされたアニメの短編が終わってからの上映でした。身も蓋もなく言えば、色欲に狂った女が、亭主を置いて恋人の家に向かおうとしたが、途中で事故死するって映画です。これは恋愛と呼べないと思うなと当時18歳の僕は思ったんですから。ただしこれ、好きな映画なんですよ。ところでルパン三世の 峰不二子はこの映画のマリアンヌ・フェイスフルがモデルってのは時系列が違う気がする。この映画の前にコミックで峰不二子は出ていると思う。アニメ化するにあたって作画スタッフがこの映画の影響で峰不二子にレザースーツを着せたってのはあると思う。写真は映画.comより転載しました。
7836774228726488.jpg

この映画、何がいいって、モーターサイクル乗りの琴線に触れるような表現が満載なんですよ。当時は(なんせ18歳ですから)マリアンヌ・フェイスフルの肢体も魅力でしたがね。朝早くにツーリングに出る時の高揚感と共通する感じや、ライダーの視点の画像とか、ライダーの操縦感覚が満載ですものね。それに比べれば、スタントマン(だと思います、引いて撮ってるときは少し大柄だから)を使っているじゃないかとか、合成じゃないかとかは、ま、いいじゃないですか、ものがよけりゃ(笑)。50年間フランス語の映画だと思ってましたが、今見ると英語でしたね、脳内変換の為せるわざか? ヘルメットがヘルメットじゃないですね。当時は気づかなかったが、チン・ストラップないですものね、これは髪が乱れるのを防ぐためのキャップですね。今見ると、ますます、この女 ひでぇー女だなと思いました。ただただ、えへら・えへら笑ってばかりいて、ラリってますよね。あぶねぇなあ、危険運転防止罪でもなんでも適用すべきだ(笑)。
640.jpg

このシーンで使われたモーターサイクルが当時、わからなかったんで確認したかったんですよ。アラン・ドロンは操縦できるので彼の操縦シーンをもっとみたかったなぁ。
i022065.jpg

ノートン・アトラスでしょうね。
2d9101f9.jpg

ところがココまで見てきたら、突然、画面全体がソラリゼーションを起こしたようになり、そのうち画面停止。結局、治らず中止となりました。このところの熱波の影響? 返金と招待券一枚の対応でしたが映画館側の対応に僕も含めた観客は不満はなかったんじゃないでしょうか? しかし、もう一回がなかなか行けない。このまま金曜日までに行けないかもしれない。この後、下のシーンや、モーターサイクルの操縦をレベッカ(マリアンヌ・フェイスフル)に教えるシーンや、最後の衝突で対向車に飛び込むシーンなんかがあるんですが。ま、一回見ているんだからいいか(笑)。美男だと思うが、当時18歳の僕にとって、アラン・ドロンはおっさんに見えた。“太陽がいっぱい”の時のシャープさはない。役柄では、また原作では(当時の白水社の原作読みました)この男、変態ですから、おっさんでいいんですけど、変態度が不足していると、今の僕は思いました(笑)。
640-1.jpg

当時の斬新な(と思われた)実験的な表現は、同じ時期に制作されたマックイーンの“華麗なる賭け”でも多画面分割とかが多用されていたが、今ではほとんど使われていない。今の最新鋭の3Dや4DXも50年立つと陳腐化するんですかね。
下にトレーラーを貼っておきます、先進的なものはすぐに陳腐化するんですね。当時は斬新だった表現も、今見ると、古い!って思えます。王道の表現だけが残っていたりして。


nice!(0)  コメント(0) 

映画“ロング・ロング・バケーション”を見る。 [映画]

6月7日にギンレイ・ホールで見た。観客は4割位入ってました。ヘレン・ミレン すっごく好きなので見に来ました。題材も年齢も両人に近いので、彼らがどんな風に料理するか興味があったので。これはネタバレしますので、自分で見るかもしれない 又は絶対見るという人は読まないでね。

妻が末期がん、夫は認知症発生しかなり重症化してきている。その二人が人生の最後に夫の憧れのヘミングウェイの家をキャンピングカーを運転し訪ねるロードムービー。音楽がキャロル・キングの“It’s too late”に始まって、ジャニス・ジョプリンの“Me and Bobby McGee”で終わるんですよ。公式サイトは→ココです。 画像は映画.comより転載しました。
2b771b5b9b158ea2.jpg

旅の途中で 時々、子供達に電話するヘレン。追跡されるのを嫌ってケータイは置いてきているんですね。この後で夫に置いていかれ、そばにいたバイカーに “じいさん、ばあさんを忘れて出ていったぜ!”と言われるんですが、そのバイカーは、バイクに乗せて追いかけるという親切心も持っている人間だったんですけど。
640-3.jpg

重症の両親を心配する子どもたちに、お構いなく旅を続けます。
640.jpg

キャンピングカーが集まるパーク(なんていうんですかね)では、夜毎に自分たちの過去のスライドを見て当時を懐かしむ。
640-2.jpg

ちょうど、大統領選でトランプ旋風のさなかだったらしく、その風景も中で描かれている。ヘミングウェイの家は、観光化、商業化、金儲けでえらい騒ぎでしたね。
640-1.jpg

面白いし、二人の演技は、見ものだしで僕は楽しみましたが、見終わった後で疑問点が3つ頭に浮かびました。
1.彼らの行動を(特に夫の行動を)観客は笑っている訳だけど、本人はやりたくてやっているわけでもなく、それを笑うのは(認知症の症状を笑うのは)障がい者を笑う事と同じなのではないか?

2.最後に彼らは排ガスを車内に引き入れて、心中するのですけど、夫に限度を超えて薬を飲ませて意識をなくし、自分もその薬飲む、それって殺人じゃない?だって夫は死にたいとは言っていないんですものね(少なくとも映画の中では)。

3.キリスト教徒って自殺しちゃ天国に行けないんじゃなかたっけ?今のアメリカはこの結末が自然に受け入れられるまでに、宗教観が変化しているのか? 

笑って楽しみましたが、最後にちょっと引っかかるものを残した映画でした。下にトレーラーを貼っておきます。



nice!(0)  コメント(0) 

今日の一台“シェルビー・コブラ427 ? ” [車]

2018-07-19 命に危険のある暑さ 暑い!
フィットネス帰りの道端に止まっていた、シェルビー・コブラ。素人目には、また夜でしたので、本物(オリジナル)か、レプリカか、又は継続再生産モデルかは、わかりませんが、雰囲気はとても良かったです。この場所は以前にコルベアが止まっていた通りだ。
IMG_2996.jpg

スクリーンが小さい。これもレーシーでいいですね。427とありますが、6997ccのもの積んでいるですかね。ステッカーの貼り方が、とってもいいなぁ~。この車がレースに出ていた時は、高1くらいなのでレース結果は車雑誌で記事でしか見たことがなかった。ホィールのセンター・ノック・オフ式が懐かしい。エンジンフードの開閉ラッチも露出してあるところがにくい。シートベルトはSIMPSONかな?
IMG_2997.jpg

フューエル・フィラー・キャップのところにステッカー貼ってるのも、いいね。インスツルメント・パネルのところに沢山ステッカー貼ってあるのも楽しい。
IMG_2998.jpg

写真を撮り、いいものを見たと、帰ろうとして、気がついた2点(矢印部分)
IMG_3002.jpg

ステアリングの前に自車のミニカーが……。遊びこころ満載ですよね。メーターは個人的な趣味としてはもう少し古い感じのメッキのほうが好きです。
IMG-mini.jpg

もう一つのビックリはこれ!これ、なんですか? エンジン内発火時の消化器ですかね? それとも酸素過給用のボンベですかね。
IMG_mini2.jpg

万が一もし後者だとすると、マッドマックス並みの装置ですね。10%くらい出力が上がるんじゃないでしょか?  このオーナーさん、とてもユニークだと思いました、一言で言えば“ステキ”(笑)。

nice!(1)  コメント(0) 

映画“ローズの秘密の頁”を見る。 [映画]

6月4日にギンレイホールで見た。今年の29本目。観客はいつもよりかなり少ない。地味な作品だった。謎や秘密が、途中で観客にわかってしまうことを除けば、いい感じの後味の良い映画だった。僕は、ルーニー・マーラーは“ドラゴンタトゥーの女”しか見ていないので、美人の彼女を初めて見た(笑)。確かに美人だし、かわいいお人形さんみたいだ。この美人が、1940年位でなく現在でも辺鄙な田舎に現れたら、それは妙齢の男どもは騒ぐでしょう。これ、美しく、魅力的でなかったらこのお話は成立しませんから(笑)。公式サイトは→ココです。  画像は映画.comから転載しました。
2018-06-04.jpg

老年のローズをバネッサ・レッドグレーブが演じている。若い観客は知らないだろうが、この無実を40年間主張してきた、おばあさんは……。
640.jpg

若いときはこんなでしたから。
3ee504b6b2dc68130594a8280d57e589--vanessa-redgrave.jpg

このカットも有名だ。(少なくとも僕らの年代では)
mig.jpeg

この映画では若い時のローズをルーニー・マーラーが演じている。酒屋の息子のマイケル(ジャック・レイナー)と恋仲になる。アイルランド人のくせに英国の徴兵に応募するんですよ、アイルランド人にとっては裏切り者に映る。第二次大戦時、アイルランドは中立だったそうですけどね。
640-1.jpg

ゴーント神父(テオ・ジェームス)はローズに一目惚れ、執着し、だんだんストーカーもどきになっていく。
640-4.jpg

マイケルとローズは結婚する、式の中で結婚式の執行者が私は牧師ですと答えるシーンがあるが、そこで(分かる人は)彼らがプロテスタントだとわかる。神父がカソリックの呼称。
640-3.jpg

IRAからマイケルを逃がすシーン。ファッションが素敵ですね、当時のテーストで作り直しているような気がしますが、かっこいいですね。
640-6.jpg

40年後、事件の再調査に当たるスティーブン医師(エリック・バナ)
640-2.jpg

因習と偏見に満ちた世界をどう生き延びるか、しっかりと作られた映画でした。映画中にマイケルが英国軍へ志願し、パイロットとしてスライゴ(ローズの住む町)の浜辺のローズの上空へ飛来する超絶に美しい場面があります。
あのシーンは“太陽の帝国”で子役時代のクリスチャン・ベールの横をノース・アメリカンP-51ムスタングがかすめるシーンとともに プロペラ機好きなら感涙モノのシーンですね。

ルーニー・マーラーの愛くるしい演技とバネッサ・レッドグレーブの老齢の演技の魅力をじゅうぶんに引き出した作品だと思う。映像もしっかり撮ってるし、お話も(原作を原文で読んだ人によれば)監督の変更が多く、原作にインスパイアされた監督作品何じゃないかと想います。もっと評価されてもいいとは思うが、皆が知らなくて自分だけ知っているのが心地よい(恥)……タイプの作品ではあるね。

下にトレーラーを貼っておきます。

nice!(1)  コメント(0) 

神宮球場でヤクルトvs巨人戦を見る。 [パノラマ写真]

2018-07-10  晴 蒸し暑い
神宮球場でヤクルトvs巨人戦を見る。 神宮球場はドームではない。その一言で球場の性格はわかるだろう。←皆さん知ってますが(笑)。空が見える、開放感がある、風を感じるといったような事を写真に撮りたく思っていた。今回、それが出来ているとは思わないが、以前より良く、近づいたと思う。残念ながら試合はヤクルトが負けたが、この写真が撮れたことと、後ろの席の女性陣の応援が反応が面白かったことと、ビールが通常の半額だったということで良しとしたい(笑)。半額セールは7月12日までと聞いた。(写真はクリックすると大きくなります。)
IMG_2962.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

乃木坂46のコンサートがあるんだね。(その2) [つぶやき]

2018-07-06 小雨
私用で駅の近くまで行く。何だこの人出は!!!! で、思い出した。今日は乃木坂46のコンサートの日だと。秩父宮ラグビー場は大混雑。
IMG_2905.jpg

もちろん、隣のTEPIAビルの小さな広場も大混雑。9割が若い男子。しかし、ここまで男子だらけだと、個人的には鬱陶しい(笑)。日曜日まで開催される。
IMG_2909.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

乃木坂46のコンサートがあるんだね。 [つぶやき]

近頃、フィットネスクラブの隣の秩父宮ラグビー場が人がいないのに騒がしい。ざわついた雰囲気。夏の空の下の秩父宮ラグビー場。
nogizaka46-1.jpg

写真を撮ってわかったけど乃木坂46の6周年コンサートがあるんだね。6/7/8日とこの付近はきっと混雑するね。
nogizaka46-2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

花の色は移りにけりないたずらに…… [つぶやき]

花の色は、本当に変わるのか、観察してみた。アジサイの花の色の違いは生育する土壌にあると一時は言われてきた。今でもその説は正しいかはわからないが、咲いてからの色の変化を見てみた。

6/16頃
IMG_1.jpg

6/20頃
IMG_2.jpg

6/30頃
IMG_3.jpg

大体10日間のインターバルで観察したが、やはり色は衰えている。紫外線の影響じゃないのかなぁ? 
確かに“我が身世に降る眺めせし間に”です。

“World Cupの試合をいたずらに眺めているうちに、私も年をとってしまったことよ”  (笑)。
nice!(0)  コメント(0) 

World Cup開催時のブラジル大使館 [つぶやき]

7月1日
ブラジル大使館が自宅近くにある。流石にサッカー大国、World Cup開催時には必ずなにか催し物をやったり、イベントが有る。今回は壁画だった。夕方トマトを買いに出たときのブラジル大使館。
IMG_2867.jpg

IMG_2868.jpg
次回は何をやるのだろうね。
nice!(0)  コメント(0) 

近頃、巷に流行るもの。(架空請求メール) [つぶやき]

以前から、ネットのサイトの架空請求は画面に現れて当初はビビったものだが、近頃、AppleIDを変更しろとか,クレジットカードが使われましたとかの種類の、架空請求のメールが多い。主に楽天からだが、デザインも画面もそっくりなので、実際戸惑う。中には一見してこれは偽だとわかるものもある。
 2017-12-27 11.49.22.jpg

12月に使用して請求が12月って事はないだろう。わざと“いたずらメール”だとわからせているのか?またこういうのもあった。

楽天カード架空!請求.jpg

07,803円はないだろ!!!もっと職業意識を持て!(笑)←冗談ですが。皆様、お気をつけ下さい。
nice!(0)  コメント(1) 

雨が続くので夏日を思い出す。 [パノラマ写真]

2~3日 小雨が続くので週初めの暑い日が恋しくてその日の写真をアップ。本を図書館から借り出したその日は夏に感じが近かったので見上げて撮った。
Summer-web.jpg

図書館から借り出した本。 “アーネスト・サトウ写真集”  表紙となっている写真がとってもいいね。
E.satow.jpg

この人の教えを受けた森村泰昌さんの写真に関する記事を読んで(ほとんどがアーネスト・サトウに関することが書いてあるのだけど)写真というものを意識的に撮るようになった。自分では少しは前に進んでいると思いたい。
nice!(1)  コメント(0) 

EUKARYOTE [お店]

しばらく前(春頃かな?)から、家の近くに現代アートの画廊みたいなものが出来ていたのだが、この間から外壁が変わっていた。名前は “EUKARYOTE” なんと読むのかはわからんが。
IMG_2824.jpg

ペンキをぶちまけたいたずらをされた雰囲気。話題作りか? ロゴはこんな感じ。なかな面白いと思った。
20180201-eukaryote02_full.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

国立競技場(その29) [建物]

今日(6月16日)の国立競技場。曇り空だったのでなんだか禍禍(まがまが)しい。夕日に照らされると、少しは神々しい感じ(その28)になるのだけれどね。(写真はクリックすると大きくなります)。
IMG_180616.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
前の14件 | -